このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転いたしました 【お知らせ】

拙ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。ブログ主の秋津羽です。

2014年11月30日のOCNブログ人のサービス終了に伴い、新ブログに移転いたしました。

前サイトでブログを始めたのは2005年9月。
その数年前にリチャード三世についてWeb検索した際に、シェイクスピア関連以外の日本語の記述の少なさに驚き、残念に思い、それでも、そのうち誰か書いてくれるに違いない、とたかをくくっておりました。が、何年たっても見かけるのはシェイクスピア関連の記述ばかり。とうとう耐えられなくなり、読んでくれる人がどんなに少なくても良い、自分で何か書こう、と始めたのがこのブログです。

それから9年。ここ3年ほどは書いた記事も少なく、特にこの1年はほとんど更新もしていない状態ですが、それでも書いた記事は500を超え、いただいたコメントもいつの間にか500件以上になっていました。
歴史好き、リチャード三世好きの方々とこれほど交流できるとは、始めた頃は想像もしていませんでした。

そして、何よりも特筆すべきは、2012年9月にリチャード三世の遺骨が発掘されたこと。
リチャード三世はレスターのグレイフライヤーズ修道院に埋葬されましたが、その後遺骨が掘り出され、近くのソア川に捨てられた、という話がまことしやかに伝えられていました。一方、遺体は埋葬されたまま場所が分からなくなった―まだグレイフライヤーズの跡地にある、という説もありました。
私としては、もちろん後者であることを期待し、いつか埋葬場所がわかることを希望していました。が、それは夢のまた夢。よもや自分の生きているうちに遺骨が見つかり、本人のものであると科学的に証明されるなどとは思いもしませんでした。

さらに、昨年11月には、そのレスターと、リチャードの終焉の地であるボズワース・フィールド(近年の研究によると、実際は3kmほど離れた場所のようですが)を訪れることができました。このブログを始めていなければ、そして、このブログを通じた何人もの方々との出会いがなければ、私はいまだ、レスターにもボズワース・フィールドにも行ってはいなかったでしょう。いずれ行くことがあっても、それは、もっともっと先のことになった筈です。

改めて、このブログを書いていて良かったと思います。そして、皆様との出会いに感謝しております。
……1年もたつのに、大事な旅行記を書けていない、というのが大問題で、我ながら突っ込みたくなりますが。旅行記をUPするのは早くても年明けになります。
ですが、たくさんの方々への感謝の気持ちは本当です。

いささか手間取りましたが、ブログ人のサイトでいただいたコメントを含めて、新ブログに記事を移行できました。しかし、リンク先等、修正が必要な点も残っておりますので、少しづつ修正していきます。
ご迷惑をおかけすることもあると存じますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2014/11/25 秋津羽 拝 (2014/11/30 追記)
スポンサーサイト

リチャード3世の遺骨調査

!News!

2012年9月に発掘されたリチャード三世の遺骨の、更なるDNA分析の結果が、レスター大の研究者により発表された(2014年12月2日)。
いささか衝撃的な報告である。色々な意味で。
なお、Nature Communications に掲載された論文は、オンラインで誰でも読める(リンク先参照)。レスター大からの公式コメントもある。

今回、父から息子に遺伝するY染色体の分析が行われた。
リチャード三世の男系の曽祖父、ヨーク公エドマンド・オブ・ラングリー(エドワード三世の五男)の実兄、ランカスター公ジョン・オブ・ゴーント(エドワード三世の四男)の男系子孫のDNAと、リチャード三世のDNAを比較したとのこと。より具体的には、ジョン・オブ・ゴーントの男系子孫の一人である5代ボーフォート公ヘンリー・サマセット (1744-1803) の男系子孫5名のDNAと比較した、とのことだ。
家系と、DNA分析の計画については、以前に下記の記事で触れた。
 >>エドワード三世の子孫(男系男子の血統)

論文には、今回の分析に直接関係する部分のみ、血縁関係が簡潔に記されている ↓
http://www.nature.com/ncomms/2014/141202/ncomms6631/full/ncomms6631.html#f1

リチャード三世の眼と髪の色の表現型についても分析が行われ、96%の確率で眼の色は青(blue eyes)で、77%の確率で金髪(blond hair)だったと発表された。
但し、髪の色に関しては、現在のDNA解析で予測できるのは子供の頃の色であり、成長後の髪の色は予測できない。子供の頃ブロンドでも、思春期に髪の色が暗くなる、つまり茶色になる人がいる。実際よくあるパターンである。
論文には、遺伝子上、同程度の金髪の確率を持つ現代人の髪と眼の色が掲載されている ↓
http://www.nature.com/ncomms/2014/141202/ncomms6631/full/ncomms6631.html#f2

現存しているリチャード三世の肖像画(いずれも死後に描かれたもので、存命中の肖像画は残っていない)のうちで、今回の結果に一番近い眼と髪の色で描かれているのは、Society of Antiquaries of London 所蔵の肖像画である(論文に掲載。上記リンク先と同じ)。

参考 >>リチャード三世の肖像 1

[Link]

King Richard III: DNA and genealogical study confirms identity of remains found in Leicester and uncovers new truths about his appearance and Plantagenet lineage (University of Leicester, 2014.12.2)

King Richard III: DNA and Genealogical Study: False Paternity (University of Leicester, 2014.12.2)

Identification of the remains of King Richard III (Nature Communications, 2014.12.2):レスター大の研究者による論文

Richard III's DNA throws up infidelity surprise (BBC News, 2014.12.2)

Questions raised over Queen’s ancestry after DNA test on Richard III’s cousins (The Guardian, 2014.12.2)

Richard III: DNA analysis on remains raises questions over royal succession (The Independent, 2014.12.2)

DNA Confirms: Here Lieth Richard III, Under Yon Parking Lot (National Geographic, 2014.12.2)

Richard III DNA study uncovers illegitimate child mystery (Business Insider Inc):AFPの記事

Richard III was blue-eyed, blond, but should he have been king? DNA puzzle (CNN.com, 2014.12.2)

DNA evidence proves that King Richard III’s remains really did end up in a parking lot (The Washington Post, 2014.12.2)

Skeleton found under parking lot confirmed to be King Richard III (New York Post, 2014.12.2)

Gene studies suggest King Richard III was a blond, blue-eyed boy (Reuters, 2014.12.2)

リチャード3世の骨、DNA鑑定で非嫡出子の謎浮上 (AFPBB News, 2014.12.3)

リチャード3世の骨、DNA鑑定で非嫡出子の謎浮上 (Yahoo News, 2014.12.3):AFP=時事の記事

リチャード3世は金髪に青い瞳だった DNA鑑定で判明 (CNN.co.jp, 2014.12.3)

リチャード3世は「金髪で青い目」か、遺骨調査の英研究チーム (ロイター, 2014.12.3)

伝言板 10

記事を利用した「伝言板」です。
「特定の記事と関係のないコメント」など、どの記事にコメントしようか迷った時は、こちらをご利用ください。

伝言板 1 > 伝言板 2 > 伝言板 3 > 伝言板 4 > 伝言板 5 > 伝言板 6 > 伝言板 7 > 伝言板 8 > 伝言板 9 > 伝言板 10 ]

The rose laying cermermony [ボズワース]

8月22日はリチャード三世の命日である。今年は、ボズワースの戦から529年目にあたる。
レスターシャーの古戦場とされていたボズワース・フィールド(2010年に、実際の戦場は従来考えられていた場所よりも3km南西であるという調査結果が発表された)で、本日11時から ”The rose laying cermermony” が行われるとの事。
レスターのティム・スティーブンズ(Tim Stevens)主教による礼拝があり、紅白の薔薇をメモリアルに捧げるそうだ。



[Link]

https://www.facebook.com/events/1440265376235062 : Bosworth Battlefield Heritage Centre & Country Park の公式 Facebook



Bosworth Battlefield Heritage Centre & Country Park

Kindle + PB 多読 45

[関連記事]

Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他-(日本Amazon)
Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他-(米国Amazon)

2014年4月の読書

記録のために、4月の日付で投稿(2014年11月)。

  1. What's in my Classroom by Kim Young
    Our World Readers 1 102語 YL0.3


その他、News 記事:1本 315語

今月の合計 2点 417語
これまでの合計 5,843,798語

Copyright(C)since2005 白い猪亭  

白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。