このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モートンの二叉論法(モートンの熊手) Morton's fork

先日このブログのアクセス数を見て目を疑った。
2010年4月23日の検索ヒット - 1,840



何の間違いだ?と思ったら(通常のアクセス数は2桁(^_^; )、「モートンの熊手」を検索して当ブログに来られた方が非常に多かったらしい。内訳は、



モートンの熊手 1,677
モートンの二叉論法 59
モートンの熊手とは 47
モートン 13
その他、ジョン・モートン、イリー司教ジョン・モートン、morton、モートンの熊手の由来、ジョン・モートン大法官、”モートンの熊手”とは、モートンの熊手とは?、モートンの熊手のモートンとは、モートンの熊手? etc.



モートン大人気



何事かと思ったら、ウォールストリート・ジャーナルの日米外交に関する記事で "Morton's fork" という言葉が使われていたんですねー。



Japan Dissing 2010年4月22日

They [Japan's political elites] face a Morton's fork between being ignored or being seen as a problem to which there is little solution.

日本語版(冷え込む米日関係 - ジャパン・バッシングならぬ「ジャパン・ディッシング」) 2010年4月27日

日本は今、どちらも望ましくない選択肢から選ばざるを得ない「モートンの熊手」状態に陥っている。すなわち、米国に無視されるか、解決のしようがほとんどない問題とみなされるかの、いずれかだ。



せっかく来てくださった方々には、ほとんどこのブログはお役に立てなかったと思われる。申し訳ない。


今更ではあるが、モートンの熊手(モートンの二叉論法)について書いておこうと思う。



この言葉は、ヘンリー七世(1457-1509 在位1485-1509)時代の大法官ジョン・モートン(c.1420-1500)による悪名高い徴税法に由来する。
ジョン・モートンは、ヨーク朝時代にはイリー司教を務め、その後テューダー朝のヘンリー七世治世にカンタベリー大司教(1486年)、大法官(1487年)に任命され終身その地位にあった人物である。



この言葉を知った時、熊手でかき集めるようにごっそり税金を集めたということなのかと思ったが、全く違った



モートンの徴税の際の主張は次のようなイカれたものであった。



もしもその者が贅沢な生活をし、多くの金を使っているならば、国王に差し上げるだけの充分な収入があるに違いない。
一方、質素な生活をし、裕福になる様子が見えないならば、多くの貯蓄があるに違いなく、それを国王に差し上げる余裕があるに違いない。



この論理によれば、裕福であっても貧乏であってもより多くの税金を納めるという不都合な選択しかない。



転じて、「二つの選択肢のどちらを選んでも受け入れ難いというジレンマ」のことを指すようになった。もしくは「同一の受け入れがたい結論に達する二つの推論」を意味することもあるようだ。

ところで、何故"fork"なのか。



"fork"には、食事に使うフォークや、農作業用の熊手といった意味の他に、道や川が二つに分かれる分岐点、という意味もある。"Morton's fork"の"fork"はこちらの意味である(ちなみに、現在の食事用フォークは四本歯が主流だが、中世のフォークは現在と異なり二本歯だったそうだ)。
故に、モートンの「熊手」という訳は誤訳だと思う。「二叉論法」等の訳が適切だが、言葉のインパクトはイマイチだな。



この言葉、余裕で10年以上前に、何かの小説の解説に書かれていたのを読んだ記憶があるのだが、どの小説だったのか思い出せないでいる。歴史小説ではなく、英米のSF小説(の邦訳)だった筈。
Morton's fork というのはずいぶん普及?している言葉なんだなーと、今回の件は個人的にいささか感慨深いものがあった。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

王室府納戸部 Wardrobe 【覚書】

納戸部 Wardrobe



  • 国王の私的な財政部局。もともとは、国王の衣装・貴重品保管室。

  • 長官はKeeper of the Wardrobe。

  • 12世紀には、公的・国家的な財務府(Exchequer)と並び、チェンバー(Chamber, 王室府上部局)が国王の私的な財政部局として機能していた。13世紀初期に、チェンバーから納戸部が分離して、国王の私的な財政部局として発展した。

  • エドワード一世(1239-1307)治世の末年頃には、Controller of the Wardrobe(次官)が、国王の私的な印璽である玉璽(Privy Seal)を管掌していた。エドワード二世(1284-1327)の治世に、選任の管掌官(玉璽尚書 Lord Privy Seal)がおかれるようになった。


なお、チェンバーは次第に公的な性格を強めていき、エドワード四世時代からは国家財政運用の中心は、中央政府の財務府から王室府のチェンバーへ移行した。



関連記事:王室府 King's Household 【覚書】




Copyright(C)since2005 白い猪亭


王室府 King's Household 【覚書】

王室府(宮内府) the Household



元来は宮廷内部を管轄する国王・王室の私的機関であり、2つの部分からなっていた。




  • 上部局(the domus magnificencie, above stairs, the Chamber)

  • 下部局(the domus providencie, below stairs, the Hall)





上部局チェンバー(国王私室、宮廷財務室などの訳もある)



王室府式部長官(侍従長)  Lord Chamberlain (of the Household)の管轄下にある。



  • 国家・王室の重要な儀式を扱った。

  • もともとは国王の私室・寝室として機能していた。公式儀礼の場として次第に公的な性格を強めていき、宮廷社会の中心として機能するようになった。

  • エドワード四世時代からは王権の伸長ともに、国家統治機能をも発揮し始めた。国家財政運用の中心は、中央政府の財務府(Exchequer)から王室府内チェンバーへ移行した。

  • テューダー朝においては、チェンバーは更に公的性格を強め、国王の私的生活の場として新たに Privy Chamber が設置された。


下部局(王室府家政部)



王室府家政長官(執事長、家令長) Lord Steward (of the Householdの管轄下にある。



  • 国王・宮廷の日常生活に必要な業務を扱った。王室府全体の生活物資の調達が第一の職務であった。



psyさんもお書きになっていらっしゃる(執事のセバスチャン)が、日本語で「執事」と訳され得る言葉に "Chamberlain" "Steward" "Butler" がある。



Chamberlain は貴族の場合のみで、「家令」とも訳される。



Steward、 Butler 両者がいる場合は、Steward の方が上位の使用人で、使用人筆頭。Steward は他の使用人の監督の他、屋敷、領地の管理等も行う。両者を区別して訳す場合は、Steward=「家令」、Butler=「執事」とされることが多いように思う。



Butler の名は「(ワインの)ボトル」に由来する。元々は酒類・食器(銀器含む)の管理者で、主人への給仕も行う。Steward が雇われていない場合は、Butler が使用人頭として、Steward の仕事を兼任する。



上記は私的な「執事」だが、王国・王室の職事にも"Chamberlain" "Steward" "Butler"は存在する



とりあえず、Lord Chamberlain を(王室府)式部長官、Lord Steward を(王室府)家政長官と訳すこととした(が、後者は迷い中。家令長の方が良いだろうか?執事長では他との訳の整合性をとるのが難しそう)

【追記】 前者― Lord Chamberlain も、Lord Great Chamberlain と区別するために、(王室府)侍従長と訳した方が良いだろうか……悩ましい
……追記ここまで……



king's chamberlain(=Lord Chamberlainらしい)=式部官(または侍従)、steward=家令(家政官?)、butler=執事、で良いだろうか。
迷いつつ調べ物をしていたら、先日 "chief butler of England" などという職を見つけて頭を抱えた(ラヴェル子爵が1483年8月14日に、king's chamberlain および chief butler of England に任命されている)。……イングランド主任執事、とか?いいのか、それで。そもそも、どういう職なんだ。分からないよ、フランシス君。はっ、もしかして、酒類管理官のことか?イングランド主任酒類管理官、で良いのだろうか。



ど、どなたか……中世(から近世)の英国の職事にお詳しい方はおられませんか? (T T)





Copyright(C)since2005 白い猪亭


保護卿(護国卿) Lord Protector

Lord Protector (and Defender of the Realm)



王の未成年期や疾病時に、王の代理として統治を行う職。事実上の摂政。
ヘンリー六世幼少期にグロースター公ハンフリーが任命されたのが最初である。この時、議会は、統治よりも王国の守護の役割を強調する新たな名称の(摂政 Regent と異なる)職位を作った。
主な Lord Protector は次の通り。



  • 1422-1429年  グロースター公ハンフリー(1390-1447)
    ヘンリー六世(1421-1471; 在位1422-1461, 1470-1471)の幼少期
    * グロースター公の兄ベドフォード公ジョン(1389-1435)がフランス摂政


  • 1454-1455年  ヨーク公リチャード(1411-1460)
    ヘンリー六世の精神疾患時


  • 1455-1456年  ヨーク公リチャード(1411-1460)
    ヘンリー六世の精神疾患時


  • 1460年  ヨーク公リチャード(1411-1460)
    ヘンリー六世治世(ヨーク軍の勝利後)
    ノーサンプトンの戦にてヨーク軍がランカスター軍に勝利。ヨーク公は亡命先のアイルランドから帰還し、保護卿に就任。ヘンリー六世没後は、ヨーク公が王位を継承することを議会が承認した。


  • 1483年  グロースター公リチャード(1452-1485, 後のリチャード三世)
    エドワード五世(1470-1483? ; 在位1483)未成年期


  • 1547-1549年  サマセット公エドワード・シーモア(c.1506-1552)
    エドワード六世(1537-1553; 在位1547-1553)幼少期





なお、ピューリタン革命時の共和制イングランドで、オリヴァー・クロムウェルが初代の護国卿(護民卿) Lord Protector (Lord Protector of the Commonwealth of England, Scotland and Ireland)となった(在位1653-1658)。2代目が長男のリチャード・クロムウェル(在位1658-1659)。



ジョージ三世(1738-1820; 在位1760-1820)の精神疾患時、1811年から摂政職に就いた王太子ジョージ(後のジョージ四世)は、 Prince Regent (摂政王子)の称号を用いた。


Copyright(C)since2005 白い猪亭


中世イングランドの通貨

中世イングランドの通貨について。
時代によって細かい点が異なるため、中世末期、ばら戦争時代を中心に記載する。


中世ヨーロッパには、ローマ帝国から引き継いだ通貨制度が共通のものとして存在した。
















ラテン語リブラ Libraソリドゥス Solidusデナリウス Denarius
英語ポンド Poundシリング Shillingペニー Penny


* ペニーの複数形はペンス Pence
* 略号は ポンドが li. シリングが s. ペニーが d.



12ペンス=1シリング、20シリング=1ポンド(=240ペンス)




この通貨体系は、英国では、なんと20世紀後半まで続いていた。英国の通貨が10進法に移行したのは1971年である。小学生の時に読んだ"メアリー・ポピンズ"シリーズのあとがきに、古い通貨換算のことが書かれていて、「どうしてこんな複雑なことやってるんだ、この人達」と思った覚えがある(古い本だったので、現行の通貨として書かれていた)。計算大変だよ。現在は1ポンド=100ペンス。



マークという通貨単位もあった。
1マーク(Mark)=2/3ポンド=160ペンス



ポンド、シリング、マークは、多くの金額を扱う際に用いられる通貨単位で、貨幣は存在しなかった。



中世ヨーロッパ全域で流通していた基本的な貨幣は1ペニー銀貨である。
イングランドでは、この他に数種類の銀貨と金貨が使われていた。
当時のコインはハンマーで打刻(手打ち)していた。



* それぞれの画像をクリックすると、リンク先で大きな写真が見れます





《銀貨》


グロート(Groat)=4ペンス
ハーフ・グロート(Half Groat)=2ペンス
ペニー(Penny)
ハーフペニー(Halfpenny)=1/2ペニー
ファージング(Farthing)=1/4ペニー


表:国王の顔(肖像画ではない)
裏:十字



《金貨》




ノーブル(Noble)=1/3ポンド=80ペンス
ハーフ・ノーブル(Half Noble)=40ペンス
クォーター・ノーブル(Quarter Noble)=20ペンス


表:船上の国王。右手に剣、左手に英国王の紋章盾を持っている。

裏:八つの花弁をもつ花の中心に十字が描かれている。花弁には、"王冠とライオン"や、"フラ・ダ・リ fleur de lis"が描かれている。



1464年(1465年?)、エドワード四世治世(1回目)に、ノーブル金貨はエンジェル金貨に置き換えられた。以前のノーブル金貨と同様に、80ペンスに相当した。ハーフ・エンジェル金貨も発行された。




エンジェル(Angel)=1/3ポンド=80ペンス
ハーフ・エンジェル(Half Angel)=40ペンス


表:大天使ミカエルが左足でドラゴンを踏み、槍で突き刺そうとしている。槍の上には十字がついている。ドラゴンはサタンの象徴。

裏:船上に英国王の紋章盾、その上に十字。



同年、ロイヤルもしくはローズ・ノーブル(Rose Noble)と呼ばれる新しいノーブル金貨が発行された。



ロイヤル(Ryal)=1/2ポンド==10シリング=120ペンス
ハーフ・ロイヤル(Harf Ryal)=5シリング=60ペンス



しかし、こちらはあまり普及しなかったようだ。ハーフ・ロイヤルは1470年頃に廃止された。



最終更新日:2008.2.29


Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。