このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン塔の王子達の骨 1

1674年、二人分の子供の骨がロンドン塔で見つかった。これらの骨は、1483年の夏にロンドン塔から姿を消した「ロンドン塔の王子達」のものだと判断され、1678年、チャールズ二世の命により、遺骨は、王家の墓所でもあるウェストミンスター・アベイに安置された。



ロンドン塔の王子達」―エドワード五世と弟のヨーク公リチャード―は、エドワード四世の遺児であり、叔父のリチャード三世により殺された、という説が広く流布している。この「殺人」に関しては異論があり、現在もなお議論が続けられているのだが、今回は、二王子のものとされる骨について取り上げたい。



ロンドン塔で見つかりアベイに埋葬された骨は、果たして本当に王子達のものなのか?





問題の骨は、1674年7月、ロンドン塔の中心にあるホワイト・タワーの外階段を職人が取り壊した時に見つかった。この石造りの階段は、ホワイト・タワー内のセント・ジョン礼拝堂につながっていたのだが、階段の土台(基部)の下10フィート(約3メートル; 1フィート=30.48cm)のところに木櫃が埋まっていたのだ。中には二体の子供の骨が入っていた。



時の国王チャールズ二世は、王室付きの外科医に遺骨を調べさせ、外科医は王子達の骨であると判断を下した。1675年2月、国王は勅許状を発し、クリストファー・レンに棺(遺骨箱)の製作を命じた。そして、1678年、遺骨を納めた大理石の棺が、ウェストミンスター・アベイ内のヘンリー七世礼拝堂 Henry VII's Chapel に安置された。



◇ 棺の側面(版画)


Westminster Abbey, Infant Princes Tomb
(白黒写真, 撮影年 1870-1900) : ViewFinder より



棺にはラテン語で碑文が刻まれている。内容は以下のとおり。
ラテン語の英訳を私がさらに適当訳したものだが、大意は間違っていないと思う。

ここにイングランド王エドワード五世とヨーク公リチャードの遺骨が葬られている。この二人の兄弟を、王位を簒奪した叔父リチャードがロンドン塔に監禁し、枕で窒息死させ、不名誉かつ秘密裏に埋めさせた。長く望まれ捜された彼らの遺骨は、190年以上経って、1674年7月17日に、確かなしるしにより、ホワイトタワーの礼拝堂に通じる階段の瓦礫の中に深く埋められているのを見つけられた。慈悲深きプリンス、チャールズ二世は、彼らのむごい運命に同情し、1678年、治世30年目に、祖先の墓の間で、不幸な王子達の弔いの儀式を行った。



遺骨がアベイに安置されて255年後、1933年6月に棺が開けられ、王子達のものとされる遺骨が調査された。ジョージ五世の治世である。



国王の命により調査にあたったのは次の2名。



  • ウェストミンスター・アベイの Keeper of the Muniments である Lawrence E. Tanner
    (Lawrence E. Tanner, Keeper of the Muniments of Westminster Abbey)

  • 英国解剖学会会長 の William Wright
    (William Wright, Hunterian Professor of Anatomy at the Royal College of Surgeons, President of the Anatomical Society of Great Britain)。
    Hunterian Professor of Anatomy at the Royal College of Surgeons とあるが、英国外科医師会(Royal College of Surgeons)付属のハンテリアン博物館の解剖学教授なのだろうか?


Wright 教授が鑑定を行い、 Tanner 氏が記録したようだ。
鑑定には、英国歯科医師会(British Dental Association)の前会長で歯科矯正医の George Northcroft 氏も協力した。人類学者や中世考古学者は調査に加わっていなかった。



彼らは5日間かけて、写真撮影およびX線写真撮影を含めた調査を行い、遺骨は元に戻された。



棺の中には、様々な生物の骨―魚、鴨、鶏、兎、羊、豚、牛など―が混じっていた。これに関しては、最初に木櫃が見つけられた際に、そばで見つかった骨が全て一緒にされたのではないか、と推測されている。
また、小さな方の頭蓋骨は一部欠けており、他にも損傷が見られたが、発見時に職人が重要なものとは考えず、乱雑に扱ったためと推測されている。



2体の推定身長は、大きい方が4フィート9インチ(約145cm)、小さい方が4フィート6.5インチ(約138.5cm)。歯と頭蓋骨の類似点から、両者は血縁関係にあると考えられた。
年齢は、大きな方が12-13歳、小さな方が9-11歳と推定された。



更に、割と有名な話だと思うが、年長の方の顔面骨には赤い"しみ"(stain)がみられ、 これを血痕と考えた Wright は、窒息死の証拠だと結論した。



以上、簡単にまとめてみる



  • 鑑定された年齢が王子達の年齢と一致(「姿を消した」頃のエドワード五世は13歳になる数ヶ月前、ヨーク公リチャードはちょうど10歳位)。

  • 両者は血縁関係にあると推測された。

  • 年長児の顔面骨の「血の痕」は「窒息死の証拠」と考えられた。これは、「伝統的」な説に一致している(これに関しては後で述べる)。

  • 更に、埋められた場所がトマス・モアの『リチャード三世伝』の記述と一致すると考えられた(実際は矛盾点がある)。


最終的に、遺骨は二人の王子のものであるという結論が出された。



だが、現代の専門家から見ると、この鑑定には多くの不備がある。70年以上前の鑑定であり、技術的限界があったことも確かだ。



思春期前の子供の骨の鑑定は、大人に比べ難しい。
まず、見た目では(X線写真を用いても)男女の区別ができない。また、年齢の厳密な判定も難しい―昔の骨の場合は特に(成長具合は環境によってかなり左右されるので)。



1933年当時でも、子供の性別の区別は困難(というか、ほとんど無理)だということは知られており、調査者達は性別に関しては触れていない
そして、遺骨がいつのものかに関しても、述べていない。極端な話、骨の見つかった1674年以前、いつでもあり得る、とも言える。



その後、再調査はされていないため、1933年の Wright と Tanner の記録を元にして、複数の専門家が当時の鑑定の検証を行っているが、人により見解が様々で一定していない。



なお、顔面骨にみられた"血痕"(と考えられた"しみ")に関しては、「窒息死の証拠」という説は数十年前に複数の専門家により完全に否定されており、この見解を受け入れる専門家はいないということを、はっきりと書いておきたい。



現在の法医学的手法や放射性炭素年代測定法(14C法)を用いれば、もっと詳細な鑑定が可能である。
性別の判定も可能だし、血縁関係の有無についても推定できるだろう。遺骨がいつのものかについても、かなり年代が絞られる筈だ(数十年の誤差での測定が可能ではないか?)。勿論、遺骨の条件が悪くて正確な測定ができない、という可能性がないとはいえないが。
だが、現在まで、再調査の許可はおりていない。
遺骨が王子達のものか、そうでないかは、謎のままである。



いつ頃生きていたのかも分からない、少年かもしれない、少女かもしれない、あるいは少年と少女かもしれない2体の子供の骨は、今もウェストミンスター・アベイに眠っている。



スポンサーサイト

リチャード三世の徽章(バッジ) 5

リチャード三世の徽章(バッジ) 1 > 徽章 2 > 徽章 3 > 徽章 4 > 徽章 5 ]



boar の定義について(性懲りもなく)書こうと思う。今年はちょうど猪年なので、ご容赦いただきたい。



現代英語では boar は「猪」または「去勢していない牡豚」を意味する。
 >> リチャード三世の徽章(バッジ) 1 : 猪か豚か



だが、中世において boar という単語はどう使われていたのだろう。「猪」と「豚」、どちらの意味で使われていたのか。Oxford English Dictionary(OED)を見てみた。



* 11-15世紀くらいの英語は中英語と呼ばれる


Oxford English Dictionary: Including Additions Series Volumes 1-3OED は、11世紀半ばから現代までの英単語の意味や用法の変遷を扱った辞書で、年代・出典と共に、用例が挙げられている。
  >>Amazon(日本)   >>Amazon(米)



OED 第2版による boar の定義は次の通り(訳: 秋津羽)



  • The male of the swine, whether wild or tame (but uncastrated).
    牡豚.野生も家畜も含む(ただし、去勢されていないもの)


  • b. The flesh of the animal.
    動物の肉


  • c. spec. wild boar: usual name of the wild species (Sus Scrofa) found in the forests of Europe, Asia, and Africa.
    生物種 猪: ヨーロッパ、アジア、アフリカの森にみられる野生種(Sus Scrofa)の一般名


  • d. fig. (or heraldically) applied to persons.
    象徴的(または紋章学的)に 人々に適用される


挙げられている最も古い用例は、「牡豚」が1000年頃、「猪」が1205年頃のもの。「牡豚」の方が古くから使われているようで、元来の意味なのだろう。なお、bの意味の初出は1460年頃、dの意味では1297年。



◆ 「牡豚」の用例
OEDに挙げられているのは11例。



最も古いもので、1000年頃のアルフリック Ælfric のGrammar
Aper, bar.
とある。Aper はラテン語のboar。当時の英語の綴りがbar。



次に挙げられているのが、ante 1121年(1121年より前)の O. E. Chron.
He forbead {th}a heortas swylce eac {th}a baras.



その後、1820年までの用例が挙げられているが、
1398年の、Bartholomeus de Glanvilla (Bartholomeus Anglicus) による De proprietatibus rerum のラテン語原本を John de Trevisa が英訳したもの(On the properties of things)には
The wylde male swyne ben callyd Boores.
とある。



◆ 「猪」の用例
OEDに挙げられているのは6例。



初出例は1205年頃のラヤモン Layamon によるもので
{Th}at beo{edh} a wilde bar
とある。



次に、ante 1225年のAncr. R.
{Th}e wilde bor ne mei nout buwen him.



1400年頃のDestr. Troy では
As wode as a wild bore.



1595年、Andrew Duncan のLatinae grammaticae pars prior
Verres, porcus non castratus, a baire; aper, a wilde baire.



1671年、ミルトン John Milton の Samson Agonistes (『闘技士サムソン』、『力者サムソン』)で
Bristles..that ridge the back Of chaf'd wild boars.



1863年、チャールズ・ライエル Sir Charles Lyell の The geological evidences of the antiquity of man
The tame pig..had replaced the wild boar as a common article of food.



「猪」の用例では、いずれも"wild boar"、ないし、その古い形で使われている



えー、つまり、中世から「猪」は"wild boar"で、ただの"boar"だと普通は「牡豚」の意味だったということ?
「boar≒猪」だったら良かったのだけど。ちょっと残念。



リチャード三世の徽章(バッジ) 1 > 徽章 2 > 徽章 3 > 徽章 4 > 徽章 5 ]


Copyright(C)since2005 白い猪亭


バスカヴィル家の犬 (BBC)  DVD特典

The Hound of The Baskervilles 2002年 英BBC



バスカヴィルの獣犬前回
引き続き、BBC版ホームズについて。日本盤DVDの特典映像のことを書いておきたいと思う。
日本盤DVDは、『バスカヴィルの獣犬』のタイトルで発売されている。
販売元はジェネオンエンタテインメント。



なお、ジェネオンエンタテインメントからは、『シャーロック・ホームズ バスカヴィル家の犬』のタイトルで、マット・フリューワー&ケネス・ウェルシュ主演の別のTV作品(2000年, カナダ)も販売されているので、ご注意を。





本編 100分
音声 英語/日本語 (ドルビーデジタル・ステレオ)
字幕 日本語/日本語吹替用/字幕なし

特典映像 21分
特典映像の音声は英語のみ。日本語字幕。


  • メイキング映像(13分) :BBC公式サイトで、メイキングの一部(3分52秒 + 1分3秒)が観れる

  • インタビュー(9分):デイビッド・アトウッド監督、リチャード・ロクスバラ、イアン・ハート




◇メイキング映像について



監督やスタッフ、キャストのコメントと、撮影現場の映像、実際のドラマの映像。



カニング通り(Canning Street, Liverpool)に土砂を撒いて、ヴィクトリア朝のベイカー・ストリートを再現する場面が興味深かった(公式サイトのメイキングにもある)。



「犬」については、一部で言われているほど悪いとは思わなかった。結構頑張っていると思う。最近のCGを見慣れた眼には、監督やスタッフが力説するほど素晴らしいとも思わなかったけど(笑)。



◇インタビューについて



リチャード・ロクスバラ(シャーロック・ホームズ)とイアン・ハート(ドクター・ワトスン)のインタビューが面白い、というか、妙だった(笑)。妙だったのはイアン・ハート氏。



■リチャード・ロクスバラ Richard Roxburgh



ロクスさんは、「2人[ホームズとワトスン]は対照的だがお互いを完全に補い合える理想的な関係だ」とか、「2人はお互いに足りないものを埋めあい、相手のことをよく理解している」とか、ホームズのキャラクターや、ホームズとワトスンの関係について、笑顔を交えながら真面目に話している。



Sherlock Holmes - The Hound of the Baskervilles (1939) リージョン1
ホームズものの映画はバジル(ベイジル)・ラズボーン主演の『バスカヴィル家の犬』(1939)しか観ていないそうで、その理由は、「小説の中のホームズの魅力を生かすほうがいいと思った」「ラズボーンが作ったシンボル[ディアストーカー(鹿撃ち帽)とパイプ]に挑戦したい」とのこと。



 Basil Rathbone の『バスカヴィル家の犬』 DVD(北米盤 リージョン1)→
 【参考】:海外のDVDを観るには 1



ところで、この方、はっきりした聞き取りやすい発音をなさいますね。ひょっとして、Cultivated Australian というやつでしょうか?ゆっくり話すので余計に聞き取りやすいのだろう。もっとも、私の耳では、日本語字幕を参照してもちゃんとした聞き取りはできないのだけど (T-T)



インタビューの中で、"He[Holmes]'s like a Samurai."と言っているところがあり、"ミュライ"(サにアクセント)と発音しているのがなんだか可愛い。英語で普通に発音するとそうなっちゃうんだろうけど。



■イアン・ハート Ian Hart



「新鮮な解釈も加えたいと思った」「ワトスンはもっと人間性を表に出していいと思ったんだ」と語るイアンさん。大いに結構。が、その後がちょっと凄かった。



「女性への対応は[ワトスンの]得意分野だからね」「女性が大好きだから」
ワトスンについての自分の解釈を、ひたすら喋りまくるイアン・ハート氏。
「妻がいるんだけどほとんど顔を合わせない。いつもホームズと一緒に行動しているからね」「美人と会っても妻には隠したり、居場所を秘密にすることもある」「彼が美人に興味を持たないなんて不自然だよ」



……イアン・ワトスン、暴走



そして、しめの言葉は "Watson was a ladies' man."
ladies' man の意味はこちら



……誰かに何か言われたんですか?イアンさん。
そんなに嬉しそうに「女好き」連呼しなくても。別に、ワトスンが女嫌いだとも男好きだとも思ってませんから、大概にしてやって下さい。女好きのエロ親父だと思われたら、ワトスンが可哀想。



イアンさんのために補足すると、メイキング映像(公式サイトで公開されていない部分)には、ホームズとワトスンの関係について語っている部分が少しある。





この方の発音、ひょっとしてリヴァプール訛りというやつなんでしょうか?(イアン・ハートはリヴァプール出身)訛りのせいか、口をあまり開けないで早口で話すせいか、私の英語力ではろくに聞き取れません (T-T)




Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。