このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『The Service of Venus and Mars』 ガーター騎士団の音楽

Gothic Voices(ゴシック・ヴォイセズ)のCD 『The Service of Venus and Mars: Music for the Knights of the Garter, 1340-1440(ヴィーナスとマルスの礼拝 / ヴィーナスとマルスに仕えて)』



エドワード三世からヘンリー五世に至る、14-15世紀イングランド(百年戦争の頃)の音楽。
1988年グラモフォン・アウォード(アーリー・ミュージック部門)受賞作。『200CD 古楽への招待』推薦盤。
美しい歌声が堪能できる。




The Service of Venus and Mars
The Service of Venus and Mars: Music for the Knights of the Garter (Special Limited Edition)
Service of Venus & Mars

The Service of Venus and Mars

Gothic Voices
Christopher Page(指揮)

(Hyperion: CDA66238)
(Hyperion: GAW21238)
(Helios: CDH55290)


Amazon  HMV
icon


Gothic Voices & Christopher Page - The Service of Venus & Mars ←クリックするとiTunesが起動し、iTunes Storeでアルバムが見れます(iTunesを御使用の方) 試聴できます(一曲当たり30秒)


録音:聖ユダ教会(St. Jude's Church, London), 1986年10月
全16曲 49' 44"
2007.7月現在 廃盤 (但し、このCDを含むBoxセットあり)
2010年再販されました!(Heliosレーベルから廉価版で再販)。


CDのジャケットの絵は、中世の彩飾写本(MS B. 1.17 ケンブリッジ大トリニティ・カレッジ図書館)からとられたもので、国王(ヘンリー五世?)のミサの様子。



このCDを含んだグラモフォン・アウォード受賞作3作品のボックス・セットも出ており、こちらは現在も普通に入手できる。3枚とも揃えたい場合はボックス・セットの方が手軽かつお得。


Gothic Voices: Gramophone Award Winners Collection (CDS44251/3)
[ Amazon | HMV
icon ]
Gothic Voices: Gramophone Award Winners Collection



・ Disk1: A Feather on the Breath of God (セクエンスと賛歌) [ Amazon | HMV
icon ]

・ Disk2: The Service of Venus and Mars (ヴィーナスとマルスの礼拝)

・ Disk3:  A Song for Francesca(フランチェスカに捧げる歌)  Gothic Voices & Christopher Page - Song for Francesca [ Amazon | HMV
icon ]



それぞれ、1983年、1988年、1989年のグラモフォン・アウォード受賞作(アーリー・ミュージック部門)。



【Link】



The Service of Venus and Mars: Hyperion
RecordsのCD紹介ページ。試聴できる。



Artist Page - Gothic Voices: Hyperion RecordsのGothic
Voices紹介ページ。試聴できる。



Gothic
Voices公式サイト
:Recordingsのページで試聴できる。"The Service of Venus and
Mars"収録曲では"Sanctus"と"The Agincourt Carol"の一部が聴ける。





Mlle Cさんにお教えいただいたCD。『ガーター騎士団の音楽』という副題のとおり「エドワード三世&ガーター騎士団がテーマ」とのこと。
エドワード三世には特別思い入れはないけれど、どんな内容なんだろうと調べてみたら、14-15世紀のイングランドの国王、王族(および貴族1名)をテーマにしているらしい。まあ、ガーター騎士団だから当然と言えば当然かもしれないが、個人個人に曲が割り振られているとは思わなかった。



  • King Edward III, Founder of the Order of the Garter (1312-77) 4曲


  • John of Gaunt, Duke of Lancaster (1340-99) 2曲

  • Thomas, Duke of Clarence (1388?-1421) 2曲

  • King Henry V (1387-1422) 4曲

  • Humphrey, Duke of Gloucester (1391-1447) and John, Duke of Bedford (1389-1435) 1曲

  • Richard Beauchamp, Earl of  Warwick (1382-1439) 1曲

  • King Henry V (1387-1422) 2曲


うわ~!聴きたい、これ。欲しいと思っていた”The Agincourt Carol(アジンコート[アジャンクール]の歌)”も入ってるし→購入決定。
どうしてヨーク公エドマンド・オブ・ラングリー が入っていないんだーと思うが(<超個人的趣味)、黒太子もリチャード二世も、さらにはヘンリー四世すら入ってないからな。仕方ない。



Gothic Voicesは、英国の古楽グループ。Gothic "Voices"の名のとおり、基本はヴォーカルのみ(ポリフォニーというのか?)。一部の楽曲が中世ハープにより演奏されている。
公式サイトを見ると、メンバーは入れ替わっているようだ。



Margaret Philpot (A)
Rogers Covey-Crump, John Mark Ainsley, Leigh Nixon (T)
Peter Harvey, Colin Mason (Br)
Andrew Lawrence-King (harp)



Christopher Page (director)



このCD、1988年のグラモフォン・アウォード(アーリー・ミュージック―古楽―部門)を受賞したそうで……どうしてそんなCDが入手困難になるんだ?と思いつつ、あちこち検索していたのだが。
あれ?日本のAmazonに在庫がある!1点だけ。2003年の“Special Limited Edition” (紙製のスリップ・ケース付きだが、中身はおそらく1987年の通常盤と違わないと思う)。米Amazonにも英AmazonにもMarketplaceへの出品しかなかったのに(当然日本Amazonにもないと思って調べてなかった)。前回の教訓を生かして、速攻でポチッ。……Mlle Cさん、抜け駆けしました。すみませんm(__)m でも、もう入手済みかな?



*これを書いている時点で、古楽CDを扱う国内のショップGiovanniさんのリストに載っています(通常盤?)。在庫リストを確認するには、左のメニューの「CD在庫情報」をクリックして検索してください。
ヴィーナスとマルスの礼拝 または Music for the knight of the Garter で御検索ください。



HMV(日本)のリストにも載っていますが、Mlle Cさんによると2007年6月の時点で”入手困難”(でずっと取り寄せ中?)だそうです。
2010年、廉価版で再販されました!



Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

伝言板 2

伝言板 1 > 伝言板 2 > 伝言板 3 > 伝言板 4 > 伝言板 5 > 伝言板 6 > 伝言板 7 > 伝言板 8 > 伝言板 9 > 伝言板 10



この伝言板は閲覧のみです。新たなコメントは新しい伝言板にお書きください。 (2008.1.18)



記事を利用した「伝言板」です。
「特定の記事と関係のないコメント」など、どの記事にコメントしようか迷った時は、こちらをご利用ください。

白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。