このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリー八世の戴冠500周年

本年は、首斬りハリー、もとい、ヘンリー八世の戴冠500周年&エリザベス一世の戴冠450周年だそうで、英国では色々な展覧会が予定されている。



【Link】 ヘンリー8世 戴冠500周年 (Visit Britain 内) Link 切れ


「2番目の王妃であるアン・ブーリンの愛人がアンに捧げた楽譜」というのが気になる。アン・ブリンの愛人って誰のことだろう?姦通罪をでっちあげられた相手の誰かなんだろうなー。



【追記(2010.12.4)】



現在 Link 切れになっているが、Link 先では、ヘンリー8世の戴冠500周年を記念して開催された、ヘンリー8世の6人の妻たちにちなんだ展覧会「Henry’s Women」について紹介されていた。展示品の中には「2番目の王妃であるアン・ブーリンの愛人がアンに捧げた楽譜」もあった。



アン・ブリンに楽譜を捧げたのは、音楽家の Mark Smeaton だそう。
コメント欄でLeiさんに教えていただきました。
「調べてみたら
An illumination from a music manuscript, compiled for Anne Boleyn and possibly owned by her supposed lover Mark Smeaton
とありました。」
とのことです。Leiさん、どうもありがとうございました。



なお、Mark Smeaton は、アンとの姦通の罪で処刑された5名のうちの1人。
他の4名は、ロチフォード子爵 George Boleyn(アンの兄)、Sir Francis Weston、Sir Henry Norris、Sir William Brereton。

「Anneのsupposed
loverの中で彼だけが、身分が低く、唯一拷問をうけて姦通の告白をした人物です。また処刑の内容も彼だけ平民なので、他の4人が斬首刑なのに対し、
hanged and quarteredというのが一般的なのですが、捜査に協力的だったというのを理由に恩赦でbeheadingになったようです。」
とのことです。これもLeiさんにコメント欄でお教えいただきました。



……追記ここまで……






◇ 主な展覧会





Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

アラトリステ

週末に『アラトリステ』を観にいってきた。本当はもう少し前に行くつもりだったのだが、風邪やら何やらで行きそびれていたのだ。時間を確認したところ、それまで1日2回、午前と午後に上映されていたのが、土曜日から1日1回に変更になっている。しかも18:05から。
嫌な予感がしてTELしたら1/30(金)で終了予定とのこと。確認して良かったよー(同じ映画館で、すごーく楽しみにしていた映画を似たようなパターンで見逃したことがある―某ミュージシャンを6人の俳優が演じ分けて、ケイト・ブランシェットがアカデミー賞にノミネートされて、ゴールデングローブ賞を受賞したやつ)



見逃してなるものかと気合を入れて観にいった。のだけど……1日1回だけの上映、しかも近隣の他の映画館ではやっていないというのに、狭い部屋がガラガラってどういうことよ。
同じ映画館で観た『イースタン・プロミス』より更にスカスカだったよ。どうしてこんなに空いてるんだー。
部屋を見回すと、20代から30代の女性が少し、30代後半から40代の男性がパラパラ、40代らしき女性が1人、50代らしき男性が1人か2人。しかもほとんどが「おひとり様」。自分もそうだけどさ。カップルがいないどころか友人同士で来ている人たちも2組だけ。西洋の歴史モノってそんなに人気ないんだろうか……



ともあれ、面白かったです♪
ちょっと野伏ちっく&三銃士ちっくなヴィゴが存分に見れて嬉しかった。薄汚れた(どころではない)格好が何故にあんなに似合ってカッコ良いかな、この人は。




以下、感想というよりチラ裏。





  • 絵的に美しい場面多し。


  • ストーリーは凝縮されて、というか、凝縮され過ぎていてちょっと残念。私が予習していかなかったせいもあるのだが(原作未読)、展開が早すぎて分かりにくいところが少なからずあった。小説5巻分をまとめたそうだから仕方ないのだけど(現在邦訳は5巻まで、スペイン語版と英訳版は6巻まで刊行されている)
    SEE(Special Extended Edition)をつくってほしい。元々ディレクターズカット版は3時間あったらしいので。連続TVドラマならもっと良いけどねー。


  • ヴィゴのスペイン語のイントネーションがどうなのか私にはわからないのだが(おそらく問題ないんだろうけど、アルゼンチン訛なんてないんだろうか?)、例のモゴモゴした喋り方はスペイン語でも変わらず(当たり前か)。


  • 子供時代のイニゴが可愛かった。子供の時は凄く可愛くて凛々しい感じだったのに……(以下自粛)


  • 一方、子供時代のアンヘリカたんは「アンヘリカ、恐ろしい子!」と思ったが、大人になったら割と平凡になってしまって残念だった(特に後の方)。原作の彼女は大分違うらしい。


  • 裂けたボロ靴でオリバーレス伯爵に謁見するヴィゴasアラトリステがツボだった。でもさー、権力者への謁見という状況でなくても、せめてツギをあてるとかしないと不便じゃない?


  • とか思っていたら、アラトリステがオリバーレスに、フランドルは地獄だと言い、「ちょ、待て、あんた達!」と脊髄反射してしまった(ブルゴーニュ公国関連&フランドル楽派の音楽のせいで、フランドルに何となく親近感がある)


  • 17世紀スペインの戦争に関する知識はろくにないので、戦闘シーンは興味深かった。


  • ラストの突撃の場面で、ジョ兄さん@海賊2作目のラストを連想してしまったのは秘密だ。


  • psyさんが「濃いラテン系男の顔の見分けが付いていない」とお書きになっていたが、私も同様だと判明。ヴィゴasアラトリステとイニゴ以外ですぐに認識できたのは、フランシスコ・デ・ケベードとオリバーレス伯爵とフェリペ4世のみ。特徴的な眼鏡とか髪型とか服がないと、途端に見分け難くなる。私の脳は、ラテン男は「濃い顔」とひとくくりに認識しているらしい。
    全く見分けがつかないわけじゃないんだけど……出番から数十分経ってから「あ、さっきのマラテスタだったんだ」と気づくこと数回(笑) アラトリステの戦友たちに至っては「どっかの戦闘に参加してた」ことしか分からなかったよ、ごめん。あ、セバスティアンはわかったよ、途中から。


《原作本》



アラトリステ (1)
アラトリステ〈2〉異教の血
アラトリステIII ブレダの太陽 (アラトリステ)
アラトリステIV 帝国の黄金
アラトリステ〈5〉黄衣の貴人



そう言えば、原作の邦訳1巻刊行時に誤植が問題になっていましたが、正誤表で対応されたんでしょうか?
 【Link】 『アラトリステ』誤植訂正のお知らせ


Copyright(C)since2005 白い猪亭


とっておき世界遺産100「シェークスピア 名作の街」 1

[ とっておき世界遺産100「シェークスピア 名作の街」 1 > 「シェークスピア 名作の街」 2



psyさんのブログで、シェイクスピア版リチャード三世に関する番組の情報を知り、いささか興奮しながら記事を書いています。



鴻上氏が「シェークスピアの功績というのは、それまではリチャード三世は本当に暴君だったのが、ただの悪役ではなくて私たちと地続きの悩みや野望を持ったキャラクターとして再発見させた、ということなのですね。」とかなんとか(チラ見しただけなので正確性に欠けている事はお詫びします)宣まわれていて、釈然としないというかなんというか



【Link】 シェークスピアの功績?-NHK (psyさんのCarpe diem



番組はこちら▽
とっておき世界遺産100「シェークスピア 名作の街」 ~クロンボー城、ロンドン塔、ベネチア、ローマ歴史地区、アラゴンのムデハル様式建造物~



2009/1/20(火) 22:45~23:00 NHK 総合/デジタル総合:放送終了



再放送があります!

2009/1/24(土) 7:30~7:45 NHK BS2

2009/1/26(月) 15:45~16:00 NHK 総合/デジタル総合



番組の紹介文は次の通り




没後およそ400年。今もその戯曲が世界各地で上演される劇作家、ウィリアム・シェークスピア。彼の作品には世界遺産を舞台にしたものが数多くあります。物語の名ゼリフとともに作品ゆかりの世界遺産を巡ります。悲劇「ハムレット」の舞台とされるデンマークのクロンボー城では、シェークスピアがハムレットのモデルにしたといわれるデンマークの伝説の王子、アムレートの話を紹介します。イギリスでは、王族の血塗られた権力争いの舞台となった城、ロンドン塔で悪役として名高い「リチャード三世」を紹介。リチャード三世がロンドン塔内で仕組んだと言われる暗殺事件を迫います。水の都、イタリアのベネチアでは「ヴェニスの商人」ゆかりの観光名所。ローマ歴史地区では「ジュリアス・シーザー」に書かれたシーザー暗殺にかかわる劇場の遺跡を紹介。スペインのテルエルでは「ロミオとジュリエット」の元になったと言われる若い男女の悲しい恋の物語をお伝えします。ヨーロッパに伝わる様々な逸話を作品に取り入れていたシェークスピア。彼の名作の数々を再発見する旅です。コメンテーターは劇作家で演出家の鴻上尚史さんです。
(太字は秋津羽による)



15分で5作品/5か所の紹介。1作品3分……短いな。
どうも「史実でも悪人」路線の話のような気がバリバリいたしますのですが……



シェイクスピアは偉大なるエンターテイナーだと思うし、シェイクスピア版リチャード三世は「フィクションとして」面白く魅力的だと思うのだけど(なんだかんだ言って、私は映像化作品を何作も持っている)、あくまでもフィクションはフィクションとして、史実とは区別してほしいのだよなー。その「史実」自体が、史料の記述者の立場や意図により、あるいは、錯綜した情報のために、矛盾や謎が多いのだけれども。



土曜の朝のBSは見れないなー。週末に実家に帰って月曜午後の再放送の録画予約することにします(海外DVDの再生を最優先にしたために、今時DVDレコーダーを持っていない人)。



《おまけ》 本日NHKでロンドン塔の番組があります

 シリーズ世界遺産100「ロンドン塔~イギリス」 ~血塗られた古城~


2009/1/21(水) 22:55~23:00 BShi
2009/1/22(木) 0:40~0:45(水曜深夜) NHK総合/デジタル総合



5分間と短く、アン・ブリンが中心のようなので、リチャードや二王子は出てこないんじゃないかと思いますが。



【追記】
『ロンドン塔~血塗られた古城~』の方は、ヘンリー八世の悪業(というか、ロンドン塔投獄→処刑の山)の一部の紹介でした(トレーターズ・ゲート含む)。
アン・ブリンが「悲劇の王妃」扱いだったのが少々ナンでした。最期は気の毒だと思いますが(形ばかりの裁判で姦通・近親相姦の罪を着せられて処刑)、ある程度自業自得というか、それ以前に色々やってますからね……個人的には、彼女のしたほとんど唯一の素晴らしい事は、エリザベス一世を産んだ事だと思っています。私は最初の王妃のキャサリン・オブ・アラゴン(と最後の王妃のキャサリン・パー)贔屓なのです。



[ とっておき世界遺産100「シェークスピア 名作の街」 1 > 「シェークスピア 名作の街」 2


Copyright(C)since2005 白い猪亭


Akinator

Akinator というサイトをMlle Cさんに教えていただいたので、遊んでみた。
play を押し、好きな人物を念頭において質問に答えていくと、ランプの魔人が人物の名を当ててくれるというもの。



当然のことながらリチャード三世で試してみた。質問と回答は以下の通り。





Q1 : Is your character internationally famous?
Yes


Q2 : Is your character a female?
No


Q3 : Has your character really existed?
Yes


Q4 : Is your character American ?
No


Q5 : Has your character died ?
Yes



Q6 : Is your character a politician?
Yes (でいいよねー。政治以外のこともやってるけど。)


Q7 : Is your character European?
Yes


Q8 : Is your character German?
No


Q9 : Did your character take part in World War II?
No


Q10 : Is your character Roman?
No



Q11 : Has your character lived in the 20th century?
No


Q12 : Is your character French?
No


Q13 : Is your character English?
Yes


Q14 : Has your character been king?
Yes


Q15 : Is your character a doll?
No! (doll?何故doll?)



Q16 : Is your character famous for his actions in a war?
Yes (でいいよねー)


Q17 : Is your character only famous under a nickname?
No


Q18 : Is your character a grave-keeper?
No (国王だったって答えたじゃない。国王だったことのある墓守ってどういう設定よ)


Q19 : Is your character close to King Arthur?
I don't know
(迷った。共通点はブリテンの国王だってこと?でもアーサー王って伝説上の人物じゃん、モデルはいるけど。実在の人物だって言ったでしょー。ああ、でもアーサー王に関する伝承は好きだったと思う、たぶん。カクストンの印刷した『アーサー王の死 Le Morte Darthur』を読む時間はなかったろうな 涙)


Q20 : Does your character belong to the royal family?
Yes (だから国王だってば)



以上で質問終了。



魔人の解答は
Henry VIII of England (肖像画つき)



Nooooo!!
いい線いってる、とは言えるけれど、よりによって首斬りハリーの名前(と顔)出さんでも。まあ、一般的な知名度で言えば、ヘンリー八世の方が上だろうけどさ。ちぇっ。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


『黒い矢』 TVアニメ (1988)

また妙なものを買ってしまった……



黒い矢 The Black Arrow  (TV Animation)



Black Arrow (Animated 1988)


1988年 豪Burbank Films Australia制作
48分


Black Arrow (Animated) 米盤DVD :Amazon(米)
音声:英語 字幕なし
* Amazonの記載はリージョン1ですが、私の持っているものはリージョンALLで、日本の普通のDVDプレーヤーで観れました



スティーヴンスン原作『二つの薔薇 (黒い矢)』 のTVアニメ。



スティーヴンスンの『黒い矢』は何度か映画化されている。
米盤かUK盤のDVDがあるかもしれない、と思いついて調べたのだが、見つかったのは映画ではなくアニメのDVD。1948年の米映画(白黒)と、1985年のディズニー作品(TV映画)のビデオはあったが(廃盤)、DVD化はされていないようだ。ディズニーのDVDがあったら観たかったのだけど。

The Black Arrow (1948) (TV) :IMDb

The Black Arrow (1985) (TV) :IMDb



アニメDVDを購入する気はなかったのだが、中古CD/DVD shopで米盤DVD(リージョンALL、NTSC)を超・格安で見つけ、つい手を出してしまった。別のアニメ化作品(1973年)と間違えた事に気づいたのは、DVDを観始めてから(^_^;) ジャケットの絵が違ってておかしいとは思ったんだ……

The Black Arrow (1988) (TV) :IMDb





対象年齢がイマイチ良く分からない(子供向け?ファミリー向け?)のだが、あまり気にしないことにする。ストーリーは一部省略されているが、展開にあまり無理はない。



  • 「黒い矢」の署名は、ジョン・アメンドール Jon Amend-All でなく、ジョニー・アヴェンジャー Johnny Avenger ("復讐者"の意)になっている。


  • 「黒い矢」の標的4人のうち1人が変更。Sir Oliver Oates の代わりに、Lord Shoreby が標的にされている(原作では、元々 Lord Shoreby は標的ではなかった)。

  • 坊様がなんかいい人だ。

  • 前半と後半の間は3か月しか開いていない(原作では何年も経っている)。

  • 海賊の場面はカット。

  • ヨーク派のフォクサム卿(ジョアンナの後見人)は、いきなり出てきてすぐに退場。ラストの結婚式には出席。

  • ランカスター派のライジンガム卿と姪のアリシア(ジョアンナの友人)は出てこない。

  • 主人公ディック・シェルトンとサー・ダニエル・ブラックリーとの対決の場面は、原作と異なる。原作の方がディックが精神的に成長している(年数も経っているから当然か)。

  • ラストのディックとジョアンナの結婚式に、なぜかグロースター公リチャードが出席している。そんな暇あるのか?


Dick Shelton : Black Arrow絵があちらのアニメらしく可愛くない(失礼!)のはともかく、主人公のディック・シェルトン(←)はもう少し格好良くできなかったのだろうか?



そして、あの、グロースター公が……こんなんなんですけど(涙)↓


Duke of Gloucester : Black Arrow
Duke of Gloucester : Black Arrow


↑公爵閣下、敵に囲まれ喇叭で助けを呼ぶの図


どうしちゃったんでしょう、この鼻。声も変だよー



……まあ、それなりに楽しめましたけれど。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


May the Force be with you ! [Photo Funia]

Richard III : Star Wars


1月も半ばを過ぎてしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。


Mlle Cさんのところで紹介されていたPhoto Funia。昨年中にヘンリー・テューダーの記事を書き終えて遊ぼうと思っていたのだが、年を越してしまった。ヘンリーの記事で年を終えて、ヘンリーの記事で年を始めるのはなんか嫌なので(笑)Photo Funiaやっちゃいました。



リチャード@ジェダイ騎士は、イマイチ期待通りの絵にならなかった……でも、どうしてもやりたかったんだよう。




Richard III : Mug



↑このマグカップ、どこかで売ってそう(リチャード三世博物館あたり)。ていうか、オーダーして作ってるリカーディアンいるよ、絶対(断言)。



Richard III : Doller


↑本当は陛下の肖像画つきコインが良かったんだけど、うまくいかなかったので100ドル札にしてみた。ポンドでないのが残念。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。