このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBCシェイクスピア全集 (NHKシェークスピア劇場) DVDセット

BBCシェイクスピア全集 : BBC TV Shakespeare (1978‐1985年 / 英・BBC)



 【関連記事】 BBCシェイクスピア全集 (NHKシェークスピア劇場) 作品一覧



BBCが1978年から6年超にわたり、シェイクスピアの全戯曲(37作品)を映像化したシリーズ。シリーズ開始前に3年の準備期間をかけ、満を持して制作された。
日本でも1980年代に『NHKシェークスピア劇場』の名前で放映されていたので、ご記憶の方もおられるだろう。全作品がまとめて映像化されているのは、おそらくこのシリーズのみだと思う。概ね原作に忠実に演出されているが、そのような映像化作品は意外と少ないかもしれない。
: 現在は、これらに加えて『エドワード三世』『二人の貴公子』がシェイクスピア作(もしくは共作)とされ、その他にもシェイクスピアの手になると思われる作品がある。



出演者には、ヘレン・ミレン、デレク・ジャコビ、アンソニー・ホプキンス、ジョン・ギールグッド、ベン・キングズレー、バーナード・ヒル、アラン・リックマン、デイヴィッド・バーク等々、日本でも知られている人達も多い。一部の人達の間では、モンティ・パイソンのジョン・クリーズが『じゃじゃ馬ならし』で主役級で出ているのがちょっとした話題になっている。
また、『ヴェローナの二紳士』の冒頭、当時の衣裳で歌っている数人の歌手と演奏家の中に、エマ・カークビーがいるそうで、古楽好きの方は興味があるかもしれない(ほんの少し映っているだけのようだが)。彼女は『ヘンリー八世』にも歌手役で出演している模様。



この全集は、本国のUK盤のDVD BOXセットが安価で発売されている。
実は日本盤も発売されているのだが、訳あって、そちらに関しては後述。



《UK盤》



The BBC TV Shakespeare Collection [DVD-BOX]:Amazon(UK)





リージョン2、PAL。英語字幕つき。
37巻、38枚組 (『リチャード三世』のみ2枚組)
DVDディスクは、スリムケースに収納。



UK盤は、日本の普通のTV+DVDプレーヤーでは大抵は再生できませんが、PC(パソコン)ならば再生可能です。また、PAL→NTSC変換機能のあるDVDプレーヤー(種類は少ないが販売されている)ならばTVで視ることができます。
【参考記事】 海外のDVDを観るには 1



UKのAmazonではよく大幅に割引されています(しばしば価格変動あり)。これを書いている時点ではなんと半額です。更に、日本(というか英国外)からの購入の場合、VAT(付加価値税)15%が表示価格から引かれます。また、BOXセットでも1商品分の送料しかかからないので、その点もお得。



ちょっとカートに入れて試してみました。定価£199.99のBOXが、現在50%引きで£99.98。VATを引いた金額が£86.94。送料が£3.58(Air Mail)。合計£90.52。日本円で14,484円となりました。割引率と為替レートによって金額は大分違ってくると思います。
商品価格によっては、受取時に「輸入内国消費税等」と「立替納税手数料」をとられることがあります。今は比較的ポンドが安いので大丈夫かもしれませんが。以下、CD・DVD・書籍に限った話ですが、これらの場合、関税はかかりません。課税価格(商品価格+送料・手数料)が1万円以下ならば課税されず、商品価格は60~80%程度で計算されるので、「(実際の)商品価格+送料・手数料」が1万円を多少超えていても大丈夫な筈です。数か月前にAmazon.co.ukで1万円台前半(送料込)の買い物をした時は無問題でした。



画質は30年近く前ということを考慮すると、まあまあだと思う。「丁寧に保存してあった昔のテレビ録画という程度」とお書きになっている方がおられたが、確かにそんな感じ。



なお、一部の作品のみ、単品でも販売されている。



◇ ハムレット Hamlet  - BBC Shakespeare Collection [1980] [DVD]



◇ 夏の夜の夢 A Midsummer Night's Dream - BBC Shakespeare Collection [1981] [DVD]



◇ リア王 King Lear - BBC Shakespeare Collection [1982] [DVD]



◇ マクベス Macbeth - BBC Shakespeare Collection [1983] [DVD]








《米国(US)盤》



米盤のDVDも発売されているが、全集ではない(図書館向けの高額な全集はある)。
一般向けには、5作品毎のBOXセットが発売されているが、全作品を網羅してはいない。


いずれもリージョン1、NTSC。デジタル・リマスタリング。英語字幕つき。
リージョンコードの違いのため、日本の普通のDVDプレーヤーでは再生できません。別記事(海外のDVDを観るには 1)を御参考になさって下さい。



BBC Shakespeare Comedies DVD Box : 喜劇 (じゃじゃ馬ならし、テンペスト、夏の夜の夢、ヴェニスの商人、お気に召すまま)

BBC Shakespeare Histories DVD Box : 史劇 (ヘンリー四世 第一部・第二部、ヘンリー五世、リチャード二世、リチャード三世)

BBC Shakespeare Tragedies DVD Box : 悲劇 (ロミオとジュリエット、ハムレット、マクベス、ジュリアス・シーザー、オセロー)

BBC Shakespeare Tragedies II DVD Box : 悲劇 II (アントニーとクレオパトラ、コリオレーナス、リア王、アテネのタイモン、タイタス・アンドロニカス)



《日本盤》



数年前、日本盤DVDの存在を知った。が、日本盤のセットもあるんだ!と喜んだのもつかの間……高っ!ゼロの数間違ってるんじゃないかと思いたくなるお値段である。もしくは、学校や図書館向けじゃないかと思うお値段(でも、そうじゃなくて、個人向け)。
誰が買うんだろうなーと思っていましたが、「“清水の舞台から飛び降りる”覚悟で」お買いになった方がおられましたねー。ロイ・ダルトンさん、凄ーい。



DVDシェイクスピア全集Ⅰ&Ⅱ:ファミリー音楽産業株式会社 444,000円

シェイクスピア全集:BBCワールドワイドジャパン ↑と同じセット 全作品の日本語タイトルと、英語タイトルが記載されている

シェイクスピア全集:丸善(こちらは更に高いが、学校・図書館等での無償上映・館外貸出の可能なセットなので、まあ納得)



しかも、私が見つけた時は、まだ第1セット しか発売されていなかった。半分でこの値段?(20万超え)。あひゃひゃひゃひゃ。買えません。いくらデジタル・リマスタリングされていて、小田島雄志先生の字幕監修とはいえ。無理無理。



という訳で、日本盤をさっくりと選択肢から外した私は「購入するならUK盤か米盤」と決めたのだが、その後、もの凄ーく悩むこととなった。UK盤、米盤それぞれに惹かれる点はあったものの、なかなか買えずに悶々と過ごすことに。



UK盤は安い。この値段で37作品すべて揃うというのは大変お得である。けど……観れるのか、自分。ただでさえ未視聴のDVDがあるのに(しかも増え続けている)。観終わるのに一生かかるんじゃないか?<ちょっと大袈裟



一方、米盤。1作あたりそれなりのお値段だが、デジタル・リマスタリングされているのは魅力的。画質はUK盤より良いんじゃなかろうか(と勝手に想像)。
問題は取扱い作品。私の一番観たかったのは『リチャード三世』なのだが、どうせ観るのなら、その前作の『ヘンリー六世・3部作』もあわせて観たい。もともと、この4作品は4部作として書かれており、BBC版も同じ監督・共通の俳優で制作されている。
しかし、米盤の<史劇BOXセット>には『ヘンリー六世』3部作がないのだ。何故だ!8作品を2セットに分けてくれれば良いじゃないか。もしかして、『ヘンリー六世』は人気がないと判断して出さないってことですか?片手落ちじゃありませんか。ねえ。



延々と悩みまくった末に、結局、UK盤のDVDを単品販売しているところを見つけて、『リチャード三世』と『ヘンリー六世』の第1部・2部・3部の4作品を購入した(2007年8月)。他にも観たいものはあったのだが(デレク・ジャコビの『ハムレット』とか、アンソニー・ホプキンスの『オセロー』とか、ヘレン・ミレンの『夏の夜の夢』とか)とりあえずは満足した。
素直にUK盤のBOXを買った方が良かったかもしれない。今ならたぶんBOXを大人買いすると思うのだけれど、当時は37作品のボリュームに腰が引けてしまったのだよなー。まだ若かったもので<おい!



【追記】
一部の方の御要望がありそうなので(笑)、Amazon(UK)のMarketplaceで単品販売(バラ売り)しているものにリンクします。


* Marketplaceで購入なさる際は、支払等はAmazonが仲介となりますが、各Sellerとの取引になります。評価数が多く、評価が高いSellerから購入なさることをお勧めします。また、各SellerのDeliveryの欄に"International delivery available."と書かれていることを必ず確認してください(国際発送していないSellerがいるので)。



◇ じゃじゃ馬ならし Taming of the Shrew  - BBC Shakespeare Collection [1980]  [DVD]



◇ 間違いの喜劇 The Comedy of Errors - BBC Shakespeare Collection [1983] [DVD]



◇ヘンリー四世・第一部 Henry IV Part One - BBC Shakespeare Collection [1979] [DVD]



◇ヘンリー四世・第二部 Henry IV Part Two - BBC Shakespeare Collection [1979] [DVD]



◇ヘンリー五世 Henry V - BBC Shakespeare Collection [1979] [DVD]




【追記 2 2013.3.6】

これらのDVDは、図書館に収蔵されていることがあります。公共図書館よりも大学図書館の方が、収蔵の可能性が高いかもしれません(はっきりわかりません)。

収蔵されている場合でも、DVDの貸出可能かどうかは不明です。館内での視聴のみ可能かも。図書館によると思います。



【大学図書館の場合】



大学図書館は、学生だけでなく一般の利用も(条件付きで)可能なところが多いと思います。個々の図書館に確認するのが確実です(各大学図書館のWebサイトでも確認できることが多いです)。

大学図書館の蔵書は Cinii で検索でき、DVD等のAV資料(視聴覚資料)の所蔵についても検索できます。



Cinii で、DVD「シェークスピア全集」 で検索すると、9箇所の図書館しか出てきませんが、これらの図書館にしか所蔵されていないわけではありません。

検索結果のページの関連文献: 37件をクリックすると、シェイクスピア全集37作品全てのタイトルが書かれています。それによると、各タイトルとも41~42館に収蔵されているのがわかります。リストのタイトルが英語表記なので、ちょっと見づらいですが。



その他、各タイトルでの検索もできます。日本語でもOKです。その場合、「詳細検索」で、[タイトル]欄に作品名、[資料種別]欄で「ビデオレコード」を選んでください。

リチャード三世 ビデオレコード で検索すると、こんな結果が出ます。一番上の、英語タイトルで The Shakespeare collection 4 とあるのが、「シェークスピア全集」版です。



上記はDVD版ですが、古いビデオ版も検索できます。

「詳細検索」で、The Complete dramatic works of William Shakespeare ビデオレコードで検索した結果はこちら



*Cinii では検索できないようですが、早稲田大学演劇博物館 にも収蔵されています。全てのDVDがあるかは私は確認しておりませんが、
AV資料データベースで、「分類名」シェイクスピア 「発売元」BBC で検索すると、19件見つかりました。



【公共図書館の場合】



書籍の場合は、カーリルで公共図書館、大学図書館ともに検索できますが、AV資料(視聴覚資料)は検索できないようです。なお、蔵書の全てがカーリルで検索できるわけではありません。



Jcross 横断検索ナビでは、全国の公共図書館、大学図書館の横断検索(主として都道府県別)が可能ですが、AV資料(視聴覚資料)はうまく検索できないのではないかと思います。横断検索を試す価値はあると思いますが、個々の図書館のサイトで検索した方が良いと思います。



【国会図書館(東京本館)】



音楽・映像資料室(新館1階)で、DVDの視聴ができます。

NDL-OPACの詳細検索で、[タイトル] The Shakespeare collection [資料種別] 音楽映像 で検索すると、全作品が確認できます。



以上、御参考までに。



 



最終更新日:2013.3.6


Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

「ヘンリー六世」3部作 上演予定(2009年-2010年)

今年(2009年)10月に、新国立劇場でシェイクスピアの「ヘンリー六世」三部作の上演があります。演出は鵜山仁氏。翻訳は小田島雄志氏。
ぴかちゅうさん、情報ありがとうございました。



戯曲「ヘンリー六世」3部作に続く作品が「リチャード三世」であり、「ヘンリー六世」と「リチャード三世」とをあわせて、第1・4部作と呼ぶ。





三十余名の俳優によるカンパニー形式で、各俳優が複数の役を演じるそう。
公演形態は一、二、三部を日替わりで上演するレパートリー上演方式で、土日などには二部連続や、三部一挙上演も検討中とのこと。





 《原作》 小田島 雄志 訳 (白水Uブックス:シェイクスピアの個人全訳が出ています)




そして、2010年3月には、さいたま芸術劇場で「ヘンリー六世」3部作の上演があります。蜷川幸雄氏演出の彩の国シェイクスピア・シリーズです。翻訳は、松岡和子氏、河合祥一郎氏の2人体制?



「ヘンリー六世」は本国でも上演が少ないようなので、興味のある方にとっては貴重な機会ではないでしょうか。一時期に2つ重なるとは驚きです。
残念ながら、私は観に行くのは難しそうなんですが……



【(ちょっと)関連記事】 『ヘンリー六世』 三部作


Copyright(C)since2005 白い猪亭


いのうえmeetsシェイクスピア「リチャード三世」 WOWWOWで放送

いのうえmeetsシェイクスピア「リチャード三世」 (2008-2009)
主演 古田新太
演出 いのうえひでのり


翻訳 三神勲



2008年12月から2009年2月にかけ、大阪、仙台、東京で上演された舞台。
観たいと思っていた公演―psyさんの記事(ヘンリー@ワイドショー )を読んでかなーり観たくなった―が、WOWWOWで放送される。嬉しい!忘れずに確実に録画しなければ。



いのうえmeetsシェイクスピア「リチャード三世」 (WOWWOW公式サイト)
2009年5月23日(土) 12:00~15:20 WOWWOW
(2009年1月29日 赤坂ACTシアター)



* WOWWOWご加入はこちらから



* 原作本: リチャード三世 (三神勲 訳) 角川文庫クラシックス(旧版) 絶版

    ブックオフオンラインで探す
icon  古本市場で探す
icon

 注:(現在発売されている)新版の角川文庫の新訳リチャード三世は、河合祥一郎訳です。


 他の『リチャード三世』の翻訳本はこちら>>







サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 以前Webを彷徨った時に得た情報では、舞台上のモニターに台詞や解説、中継映像が流れたり(割とある演出なのかな?)、携帯電話やPCが出てきたり、バイクや銃が出てきたりするらしい。現代風の演出なのでしょう。
衣装は60年代のUK風?"サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド"のジャケット(左の画像)に似た感じ。悪くない、というか、結構好み。
でも、顔(メイク)は皆怖い(笑)。実際の舞台メイクは、パンフレットの写真ほど怖くなかったらしいけれど。



【Link】





【レビュー】





以下、個人的な注目点。
リチャードがハンバーガー食べてたというのが、すんごく気になる。もう少しちゃんとしたもの食えよ!もともと王族公爵で、国王になる/なったんだから。余計な心配をしてしまうじゃないか<意味不明
あとは"さわやかさが胡散臭い宝塚風若き金髪美青年"((c)psyさん)のヘンリーを確認すれば任務完了だな<違う



【キャスト】
リチャード3世 古田新太
アン 安田成美
スタンリー卿 榎木孝明
バッキンガム公 大森博史
ヨーク公妃(未亡人) 三田和代
マーガレット(ヘンリー6世妃) 銀粉蝶
エリザベス王妃 久世星佳
エドワード4世 久保酎吉 
クラレンス公ジョージ 若松武史
ヘイスティングズ卿 山本亨
リヴァーズ伯 天宮良
ウィリアム・ケイツビー 増沢望
リチャード・ラトクリフ 西川忠志
リッチモンド伯ヘンリー 川久保拓司
ドーセット侯 森本亮治
イリーの司教 他 逆木圭一郎
暗殺者 他 河野まさと
暗殺者 他 村木仁
ロンドン市長 他 礒野慎吾
看守、司令 他 吉田メタル
ジェイムズ・ティレル 他 川原正嗣
兵士 他 藤家剛




Copyright(C)since2005 白い猪亭


『ロビン・フッド』シーズン2 LalaTVで放送開始!

2009/5/4 (月・祝) 22:00~ シーズン2放送開始! 字幕版・全13話
毎週月曜 22:00~ (再放送あり)



リチャード・アーミティッジ(アーミテジ) Richard Armitage さんが、サー・ガイ・オブ・ギズボーン Sir Guy of Gisborne 役で出演している『ロビン・フッド』のシーズン2が、Lala TVで放送されます!



シーズン2開始の筈なのに、Lala TVのサイトに載っていない……と思ったら、ちゃんと載ってました。「第14回 兄と妹」が、シーズン2の第1話です。



 ◆ 放送予定(Lala TV)






普通に「シーズン2 第○話」としてくれた方が分かりやすいと思うのだけど……まぎらわしいんだよお。
ともあれ、めでたし!



なお、関連番組として、『ロビン・フッドの舞台裏』が放送されます。
2009/05/01 (金) 24:00~24:30 再放送あり



【Link】




【関連記事】




【News】
 シーズン3のオーディオ・スピンオフ化が決定したそうです。ドラマの出演者がストーリーを朗読するもので、アーミティッジさんは2話分の朗読が決まっているとのこと。CD販売とダウンロード販売が予定されています。
 詳細はこちら>> (ニュース>2009/3/12)



Copyright(C)since2005 白い猪亭


記念切手:ランカスター家とヨーク家 2

Houses of Lancaster and York stamp collection



Presentation Pack (広げた状態)



三つ折りの台紙にイラストと解説文が書かれている。全体像がお分かりになるでしょうか。



記念切手:ランカスター家とヨーク家 Lancaster and York



記念切手:ランカスター家とヨーク家 Lancaster and York


左:表 右:裏



記念切手の詳細は、記念切手:ランカスター家とヨーク家 1


Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。