このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"A Secret Alchemy"

エドワード四世妃エリザベス・ウッドヴィルと、その兄弟リヴァーズ伯アンソニー・ウッドヴィルを主人公とした歴史小説



未読かつ未入手なのだけれど、御紹介と覚書として。




A Secret Alchemy 2008年

A Secret Alchemy UK版

A Secret Alchemy 米版

Emma Darwin (著)



Amazon(日本) Amazon(UK) Amazon(米)



UK版(左)と米版(右)で表紙が異なる。



小説の語り手は3名。エリザベス・ウッドヴィルと弟(兄)アンソニー・ウッドヴィル、そして、2人について調べている現代の歴史家 Una Pryor。現代の語り手 Una は、夫を亡くし、オーストラリアから故郷のイングランドに一時帰国している。イングランドにある彼女の家産を処分し、親族の家業を手助けするためらしい。
おそらく、15世紀の章と現代の章が交互に書かれるような形式なのだろう。





ちなみに、著者のエマ・ダーウィンは、「進化論」のダーウィンの妻と同じ名前だが、実際、彼らの子孫だそうだ(great-great-granddaughter だとか)。ちょっとビックリ。





アンソニーの話は、彼が処刑前にポンテフラクト城に送られるところから始まり、エリザベスの話はバーマンジーの修道院で始まるようだ(エリザベス・ウッドヴィルはヘンリー七世治世に修道院に入り、そこで亡くなった―ヘンリーにより幽閉されたとも言われる)
そして、リチャード三世はやはり悪っぽい。ウッドヴィル視点で語られる以上、仕方ないか……



米・英Amazonのreviewを見ると、内容についてはエリザベス・ウッドヴィルが主人公の"The White Queen"同様、賛否両論のよう。英国のreviewの方が厳しいのは、舞台が英国で著者も英国人だということが関係しているのだろうか。
個人的には"The White Queen"よりも、こちらに惹かれるが、未読本と未視聴DVDが高さを増しているので(汗)、しばらくは手が出せないなー。



ところで、エリザベス・ウッドヴィルを主人公としたフィクション、というのは少ないのだろうか。彼女についての(英語の)ノンフィクション―研究書や伝記―は割と見つけやすいように思うのだが。
比較的最近の小説では、この作品と"The White Queen"しか見つけられなかった。絶版になっている古い小説はあるようだけれど。



スポンサーサイト

『白薔薇の女王』(The White Queen)

エドワード四世妃エリザベス・ウッドヴィルが主人公の歴史小説



未読かつ未入手なのだけれど、御紹介と覚書として。

タイトルの"The White Queen"は、主人公のエリザベス・ウッドヴィルのこと。



【追記】2011年4月、邦訳が出版されました。タイトルは『白薔薇の女王』。





 白薔薇の女王(上)  白薔薇の女王(下)

……追記ここまで……



The White Queen 2009年

White Queen

Philippa Gregory (フィリッパ・グレゴリー) 著



>>Amazon(日本)  >>Amazon(米)  >>Amazon(UK)



"The Cousin's War"というばら戦争期を舞台とした三部作の1作目
2作目"The Red Queen"の主人公はマーガレット・ボーフォート(ヘンリー七世の母)、3作目"The White Princess"の主人公はエリザベス・オブ・ヨーク(エドワード四世とエリザベス・ウッドヴィルの長女、ヘンリー八世の王妃)とのこと。



【追記】どうやら4部作になる模様。2作目"The Red Queen"は出版済み。2011年秋に3作目"The Lady of the Rivers"(エリザベス・ウッドヴィルの母、ジャクェッタ・オブ・ルクセンブルクが主人公)が出版予定。4作目はエリザベス・オブ・ヨークが主人公の"The White Princess"とのこと。
……追記ここまで……



著者のフィリッパ・グレゴリーは、映画化もされた『 ブーリン家の姉妹The Other Boleyn Girl)』の著者である。



ストーリーは、1464年、未亡人となったエリザベス・ウッドヴィルがエドワード四世と出会う時から始まるようだ。







米Amazon
では、この小説の動画による紹介や、著者のインタビューの動画を見ることができる。また、別のインタビューの内容を読むこともできる。のだが、インタビュー文で「ロンドン塔の王子たち」(の一人)のこの小説での扱いについて、結構なネタばれしちゃってますが、いいんでしょうか、グレゴリー女史!



米・英のAmazonのreviewを見ると、内容については賛否両論のよう。

The White Queen : Amazon(米)

The White Queen : Amazon(UK)



とりあえず、リチャード三世は悪っぽいなー<注目点はそこか、自分!

エリザベス・ウッドヴィルと、エリザベスの母ジャクェッタ・オブ・ルクセンブルクが魔術を使う?のか?うーむ。
あと、エドワード四世が"boy king"と書かれているらしいのが気になる。1464年だとエドワードお兄ちゃんは22歳?確かに若いが、当時の基準ではとっくに"boy"じゃないと思うのだけど。母親とか爺様連中にとっては"boy"かもしれないけれど、そういう意味で使われているわけではないらしい。……微妙だ。



筆者の『ブーリン家の姉妹』は以前から興味はあるのだが、色々と気になることがあって私は未読である。映画も観ていない。
『ブーリン家の姉妹』については、Mille Cさんの書評記事(ブーリン家の姉妹)や、Leiさんからいただいたコメントが参考になると思うので、是非お読みください。

個人的に一番気になるのが、歴史好きには突っ込みどころが多そうだという点。勿論、小説は歴史書ではないので、一般的な歴史的解釈と異なっていても一向に構わないのだけれど、もしも作者の都合だけで歴史的事実や当時の常識のようなものが改変されているならば嫌なのだよなー。この新シリーズがどうなのかは分からないのだけれど……



最終更新日:2011.8.8




Copyright(C)since2005 白い猪亭


Bosworth Summer Medieval Festival 2009 [ボズワース]

すっかり出遅れました。8月22日は陛下の命日だったというのに。今頃になってこんな記事を書いている私めは"ヨークの僕"失格でございます orz



リチャード三世の命日である8月22日に最も近い週末には、レスターシャーの古戦場ボズワース・フィールドで、毎年イベントが行われる。今年は22日が土曜日だったために、まさに命日に当たる日(とその翌日)にイベントが行われる事となった。


リチャード三世協会 The Richard III Society のカレンダー(2009年)によると



23 August  Bosworth Visit

23 August  Bosworth Commemoration -  St. Alkeda's Church, Middleham at 2pm.



だそうで、リカーディアン達はリチャードの愛したミドゥラムの地を訪れたらしい。St. Alkeda's Church というのは、Church of St Mary and St Alkelda のこと。



psyさんによると

ここは、1478年にリチャードが神学校を設立した教会で、翠豊かなウェンズリーデールを見晴るかすことのできる美しい場所。ここで、アンと二人瞑って欲しかったなと思ったりするのですが。たぶん今年ここを訪れた方々もそう思っているのではないかと。



本当にそうだったならどんなにか良かったことか。



ボズワース・バトルフィールド・センター Bosworth Battlefield Heritage Centre and Country Park では、例年通り、"ボズワースの戦"の再現イベント(re-enactment)が行われた模様(使われている写真は過去のものと思う)。



また、作家の Philippa Gregory 女史によるサイン会と講演が行われたらしい。エリザベス・ウッドヴィル(エドワード四世妃)が主人公のフィクション"The White Queen
"発行を記念したものとのこと。
 【関連記事】 "The White Queen"



注:ボズワース・バトルフィールド・センターでの再現イベントやサイン会は、The Richard III Society 主催のものではなく、センター主催のものである。



最終更新日:2009.8.31


Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。