このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Trial of Richard III" (1984)

"Trial of Richard III" (1984)



リチャード三世のMock Trial(模擬裁判)なるものが今までに何度か行われている。容疑はもちろん、甥である"ロンドン塔の二王子"―エドワード五世とヨーク公リチャード―の殺害である。
おそらく最も有名な模擬裁判は、1984年にUKのTV番組(Channel 4)で行われたものだろう。



【Link】 The Trial of Richard III (1984) (Richard III Society 内)



ローレンス・オリヴィエの『リチャード三世』のUK盤DVDの特典ディスクに、この模擬裁判が収められている。私はこれが目当てでUK盤DVDを購入した。結局、その後、米盤DVDも購入した (^_^;) UK盤DVDには字幕がついていないため、Trialの書籍も購入した。



* Richard III (1955) [UK Amazon] : ローレンス・オリヴィエ主演。UK盤DVD(リージョン2、PAL)。特典ディスクとして"Trial of Richard III" (1984)がついている。



* The Trial of Richard III : 書籍(絶版) ISBN: 0862991986
 各出席者の発言を書き起こした本(映画のスクリプトのような感じ)。白黒写真あり。
 UK Amazon  米Amazon : 中古あり



この模擬裁判の動画が数か月前から You Tube で見られるようになっている。
最初の "Introduction" では、Richard III Society (リチャード三世協会)のパトロンである現在のグロースター公リチャード(HRH The Duke of Gloucester, 1944-)が解説をなさっておられる。
場所は、二王子が暗殺されたと伝えられるロンドン塔のブラッディ・タワー







全体で225分あるはずなので、ご覧になる方は長期戦を覚悟してください。もしくは、興味のある所だけご覧になる方が良いかも。
Prosecution で起訴(告発)、Defence で弁護が行われ、最後の Verdict で判決が下されます。



  1. The Trial Of King Richard The Third - Introduction

  2. The Prosecution (2)

  3. The Prosecution (3)

  4. The Prosecution (4)

  5. The Prosecution (5)


  6. The Prosecution (6)

  7. The Prosecution (7)

  8. The Prosecution (8)

  9. The Prosecution (9)

  10. The Prosecution (10)

  11. The Prosecution (11)


  12. The Defence (12)

  13. The Defence (13)

  14. The Defence (14)

  15. The Defence (15)

  16. The Defence (16)


  17. The Defence (17)

  18. The Defence (18)


  19. The Prosecution(19)

  20. The Defence (20)

  21. The Defence (21)

  22. Verdict (22 - final)




Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

妻の権利によって jure uxoris 【覚書】

中世ヨーロッパにおいては、結婚により、妻の財産上の諸権利は夫に譲り渡された(コモン・ローによる)。



  • 妻の動産は、夫のものとなった。


  • 不動産(領地等)、称号・爵位に関しては、夫が妻の権利を行使することとなった。これはラテン語で "jure uxoris" と呼ばれる。英語では "in right of a wife (妻の権利によって)" と訳される。

    • 不動産(領地等)は夫の所有にはならなかったが、管理権は夫に移転した。夫は不動産を自由に処分することができ、それから生ずる地代・収益・売却代金は夫のものとなった。

    • 爵位を持つ女性の夫は、妻の爵位を用いることができるようになった。
      例えば、ナイトの男性が女性伯爵と結婚すると、男性は伯爵となった
      (現在は、妻の爵位が夫より上でも、夫の爵位は上がらない)。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


寡婦産と寡婦給与 【覚書】

  • 寡婦産 dower : 夫の死後に妻に分与される財産。婚姻時に指定された。イングランドでは夫の土地の1/3が妻に分与されるのが一般的だった。コモン・ローに基づく制度。


  • 寡婦給与/寡婦給与産 jointure : 結婚に際し、夫の一族から妻に提供し、夫妻の存命中は共同名義とし、一方の死後は生き残った方が引き継ぐこととした土地(もしくは土地からの収益)。中世後期に生まれた制度。

寡婦産や寡婦給与にあてられた財産は、対象となる女性の存命中のみ彼女の所有となり、他者への遺贈はできなかった。対象となる女性が死亡すると、その財産は相続人のものとなった。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


秘密結婚 【覚書】

秘密結婚 Clandestine Marriage



教会法 Canon law の定める結婚の手続きのうち、結婚の公開性に関わる部分を欠く結婚。無効や非合法という意味ではなく、コモン・ロー Common law では問題とされなかった。



教会法においては、結婚式に先立ち、教会において婚姻予告(banns of matrimony, banns of marriage)を3回することが必要とされていた。権限のある聖職者から婚姻許可証(licence of marriage)を獲得した場合は、婚姻予告は免除された。



エドワード四世とエリザベス・ウッドヴィルは1464年に秘密結婚をした。5月1日という説が一般的である。エリザベスの母ジャクェッタ・オブ・ルクセンブルクと司祭の他は、2、3人の立会人がいただけだと伝えられる。



ヘンリー五世の未亡人キャサリン・オブ・ヴァロアとオーウェン・テューダーが、1428年から1432年の間に(もしくは1429年頃に)秘密結婚をしたという説があるが、「当時の」証拠はない。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


リチャード三世の彫像 [ブラッドフォード・シティ・ホール]

ブラッドフォードのシティ・ホールの外壁に、ウィリアム一世からヴィクトリア女王に至る35名の統治者の彫像(石像)が設置されている。ファサードの壁龕に収められており、その中にはリチャード三世のものもある。



Bradford City Hall detail-Richard III


太めに思えるのは気のせいでしょうか……?ていうか、この服装違うのでは……?



←画像をクリックすると、大きな画像が見られます


Original photo by Nancy Dunne / CC BY-NC-ND 2.0






建物は1873年に完成し、その後増築された。当初はタウン・ホールであり、1965年にシティ・ホールとなった。



Bradford City Hall
Bradford City Hall

Original photo by John Illingworth / CC BY-SA 2.0





  • 彫像は Farmer & Brindley というロンドンの会社により彫られた。地元の Cliffe Wood stone が用いられている。

  • 彫像は左から右に年代順に並んでいる。例外はエリザベス一世とヴィクトリア女王で、この2体は正面玄関の左右に設置されている。

  • チャールズ一世とチャールズ二世の間には、オリヴァー・クロムウェルの彫像がある(他は国王・女王)。

  • ウィリアム三世とメアリ二世は共同統治したが、メアリ二世の彫像はない。

  • ウィリアム一世からヴィクトリア女王までの国王・女王を数えると(数え方によるが)メアリ二世を除いて35名になる。クロムウェルの彫像もあるので、1名多い。彫像がないのはスティーヴン王だろうか?


参考: Bradford Metropolitan District Council > Leisure and Culture > Hobbies and Interests > History of City Hall


Copyright(C)since2005 白い猪亭


3月の出来事



3月4日(1461年)

ヘンリー六世廃位
ヨーク公およびマーチ伯エドワード、エドワード四世として即位


3月6日(1487年)

カンタベリー大司教ジョン・モートン、大法官に任命される


3月11日(1485年)

ジョン・オブ・グロースター、カレー総督(Captain of Calais)に任命される
[リチャード三世の庶出の息子]


3月12日(1470年)

ルーズコートの戦


3月13日(1467年)

ジョン・ド・ラ・ポール、リンカン伯に叙される
[2代サフォーク公ジョン・ド・ラ・ポールとエリザベス・プランタジネット(3代ヨーク公リチャードの3女)の長男、リチャード三世の甥]


3月15日(1454年)

エドワード・オブ・ウェストミンスター、プリンス・オブ・ウェールズおよびチェスター伯に叙される
[ヘンリー六世の長男]


3月16日(1485年)

リチャード三世妃アン・ネヴィル死去
[ウォーリック伯"キング・メイカー"リチャード・ネヴィルの次女]


3月17日(1473年)

スコットランド王ジェイムズ四世誕生
[ジェイムズ三世の長男]


3月18日(1472年)

クラレンス公ジョージ、故ウォーリック伯の所有していた城、荘園、領地の一部を、王命により、グロースター公リチャードに引き渡す


3月20日(1469年)

セシリィ・オブ・ヨーク、ウェストミンスター宮殿で誕生
[エドワード四世の3女]


3月22日(1459年)

神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世誕生
[神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世とエレオノーレ・フォン・ポルトゥガルの長男]


3月23日(1429年)

ヘンリー六世妃マーガレット・オブ・アンジュー(マルグリット・ダンジュー)誕生
[アンジュー公ルネ・ダンジューの息女]


3月25日(1472年)

クラレンス公ジョージ、ソールズベリ伯およびウォーリック伯に叙される


3月27日(1454年)

3代ヨーク公リチャード・プランタジネット、ヘンリー六世の精神疾患悪化に伴い、保護卿に任命される(1回目)


3月27日(1482年)

ブルゴーニュ女公マリー・ド・ブルゴーニュ死去


3月28日(1461年)

フェリーブリッジの戦


3月29日(1461年)

タウトンの戦
  • ヨーク軍勝利






Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。