このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle + PB 多読 2

[関連記事] Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他(児童書中心)-



2010年9月の読書



  1. Three Men in a Boat by Jerome K. Jerome (retold by Diane Mowat)

    OBW4 18,055語 YL:3.8

    retold版。邦題は「ボートの三人男」。19世紀末の英国のユーモア小説。休養のため、テムズ河をボートで上る旅に出た三人(と犬一匹)の珍道中。


  2. The African Queen by C. S. Forester (retold by Clare West)

    OBW4 16,800語 YL:3.8

    retold版。舞台は第1次世界大戦開始直後の東アフリカ。ローズは宣教師の兄と共に布教活動をしていたが、ドイツ軍の進撃で村人は連れ去られ、失意の兄は病で亡くなった。復讐のため、ローズは、古く小さな蒸気船「アフリカの女王」の船長チャーリーを説き伏せ、ドイツ軍の砲艦を攻撃しようとする。キャサリン・ヘップバーンとハンフリー・ボガートの主演の映画"アフリカの女王"の原作。


  3. A Study In Scarlet by Arthur Conan Doyle

    43,457語 YL:9.0位 Reading Level: 7.8 Lexile Level: 1070L Fog Index: 10.3 Flesch Index: 67.4 Flesch-Kincaid Index: 7.9

    邦題は「緋色の研究」。ホームズ・シリーズ第1作目。2部に分かれており、第1部はホームズとワトソンの出会いから、ホームズが殺人事件を解決するまでを描く。第2部では事件の背景が描かれ、アメリカが舞台となっている。

    >>Project Gutenberg からダウンロード

    >>Manybooks.net からダウンロード

    >>feedbooks からダウンロード

    >>Amazon.com Kindle Store


  4. Lorna Doone by R.D. Blackmore (retold by David Penn)

    OBW4 17,024語 YL:3.8

    古典的ロマンス小説のretold版。17世紀の英国 Exmoor。John Ridd は美しく優しい少女 Lornaと出会い、恋に落ちる。だが、彼女はJohnの父を殺した無法者 Doone 一族の娘だった。2人の運命やいかに。
    何度も映像化されており、近年では1990年と2000年に同名のTV映画が制作されている。1990年版は主役をクライブ・オーウェン、敵役をショーン・ビーンが演じており、UK盤DVD(リージョン2.PAL)
    が予約受付中(2010年10月発売予定)。ちょっと観てみたい。2000年版はUK盤(リージョン2.PAL)
    米盤(リージョン1)
    のDVDが発売されている。UK盤、米盤DVDの視聴についてはこちら>>


  5. The Pied Piper of Hamelin by Robert Browning

    2,117語

    邦題は「ハメルンの笛ふき
    」「ハーメルンの笛ふき男」。有名な伝説をもとにした物語詩。子供向けで総語数が少なく、短時間で軽く読むのに良いと思ったら、結構難しかった(汗)ストーリー全体の把握はできるが、詩の形式のせいか、細かい点の理解がしづらかった。文章のリズムは良い。

    >>Project Gutenbergからダウンロード

    >>Amazon.com Kindle Store


  6. The Client by John Grisham (retold by Janet McAlpin)

    PGR4 12,166語 YL:4.0

    retold版。邦題は「依頼人」。11歳の Mark は弟 Ricky と共に、マフィアの弁護士の自殺を目撃してしまった。彼は死ぬ前に犯罪に関わる重大な秘密を Mark に話していた。FBI は Mark に証言を求め、マフィアは Mark の口を封じようとする。Mark は女性弁護士 Reggie に1ドル払い、依頼人となる。同名の映画「ザ・クライアント 依頼人」の原作。


  7. Emma by Jane Austen (retold by Annette Barnes)

    PGR4 15,218語 YL:4.0

    retold版。邦題は「エマ」。若く美しく才気に富み、裕福な Emma。友人知人の恋の橋渡しをして結婚させようと懸命になるが、失敗ばかりで、自分も他人も傷つけてしまう。お節介で、ある意味トラブルメイカーな主人公だが、自分の言動を素直に反省し、好感が持てる。


  8. Exclusive Interview: Tom Petty on Recording 'Mojo'

    3,236語
    Sound and Vision Magazine の、Tom Petty へのインタビュー。


  9. Little Black Sambo by Helen Bannerman

    1,083語(text-stats:1,121) Fog Index: 7.4 Flesch Index: 79.6 Flesch-Kincaid Index: 6.2

    >>Project Gutenbergからダウンロード

    邦題は「ちびくろさんぼのおはなし」(こちらは Helen Bannerman 自身の絵によるもの)。「ちびくろさんぼ」。


  10. The Boxcar Children by Gertrude Chandler Warner

    16,803語 YL:3.5

    邦題は「ボックスカーの家
    」。シリーズ物の第1作。両親を亡くした Henry、Jessie、Violet、Benny の4人の兄弟姉妹。両親の結婚に反対していた、会ったこともない祖父に引き取られるのが嫌で、子供達は自分達だけで暮らしていこうとする。4人は森で古い Boxcar をみつけ、そこに住むことにする。

    >>Amazon.com Kindle Store


  11. Inspector Logan by Richard MacAndrew

    CER1 4,200語 YL:1.4

    Robert Kerr の妻 Margaret が失踪し、死体が発見された。女性警部補 Jenny Logan の新しい職場での最初の事件。

    >>Amazon.com Kindle Store


今月の合計 11点 150,213語
これまでの合計 361,311語
30万語通過





CER1: Cambridge English Readers Level 1 (YL 1.4-1.6)  400語レベル 総語数3400-4800語

OBW4: Oxford Bookworms Stage 4 (YL 3.8-4.0) 1400語レベル 総語数14000-22000語

PGR4: Penguin Readers Level 4 (YL 4.0-5.0)  1700語レベル 総語数12000-41000語





Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

Kindle読書の感想

[追記] この記事は、Kindle 3 (Kindle Keyboard) についての記事です。2011年10月に、新型 Kindle(第4世代)が発表されました。
 >>Kindle Fire は買いか? Android タブレットについて

 >>新型 Kindle 発売(Kindle 4) E-Ink 端末3種について

旧機種(通称 Kindle 3)は、Kindle Keyboard と名前を変更して販売されています(2011年10月時点)

……追記ここまで……



最初の Kindle 読書は Arthur Conan Doyle の A Study In Scarlet (緋色の研究)。やっぱりホームズでしょう!
[ 43,457語 Reading Level: 7.8 Lexile Level: 1070L Fog Index: 10.3 Flesch Index: 67.4 Flesch-Kincaid Index: 7.9 ]
YLは不明だが、『ミステリではじめる英語100万語
(『英語多読完全ブックガイド[改訂第3版]』には載っていなかった気がする)で、ホームズ長編数冊が9.0、短編数冊が8.5となっていたので、YL9.0位か(そこまで高いのか?という気はするが)
児童書じゃないじゃん、とか、いきなりレベルが高くなってるよ、とか、細かいことは気にしない



さて、Kindle (Kindle3) 読書のレビューというか感想だが、
E-Inkの電子ペーパー画面は目に優しい
というのが第一である。



液晶モニターに比べ、目は遥かに疲れにくい。というか、正直、比べものにならない。
私は、PCのモニター(液晶)では読書はできない。今まで何度も Project Gutenberg の書籍(パブリックドメインの電子書籍が無料で提供されている)をPC
で読もうとして、1ページ読むか読まないかで挫折している。Kindleでは(数日かけてだが)短めの長編が問題なく読めた。購入して正解だったと思う。
なお、読むのに数日かかっているのは Kindle の性能とは関係なく、私の英語力の問題(笑)。



友人の iPad
を触らせてもらったことがあるが、個人的にはあれで読書する気にはなれない。ページめくりがスムーズなのは良いのだが(Kindle はちと遅い)、なんと言っても目が疲れる。もっとも、多機能端末の iPad と、電子書籍リーダーに特化した Kindle を比べるのは適切ではないかもしれない。



紙の書籍と比べると、Kindle での読書はやや目が疲れるように感じる。根を詰めて英文を読んでいると、1時間を超えると目が疲れてきた。ただ、その頃には脳も疲れてきて休憩することになるので(笑)個人的にはあまり問題なさそう。
【追記(2010.11.1)】Kindle での読書に慣れ、最近は1時間半以上、時には2時間近く読んでも、目はほとんど疲れなくなった。
……追記ここまで……



また、慣れれば、もっと長く読んでも大丈夫そうな気がしている。Kindle
ではページめくり(画面の遷移)の際に、画面が暗転するのだが、これが目の負担になっているのではないかと思う。最初のうちは暗転時にまともに画面を見て
いたが、少し慣れてくると、暗転のタイミングで画面から視線を逸らすことができるようになり、目の負担は軽減されてきた気がする。











:2010年12月頃から、3G+Wi-Fiモデル($189)は、上のリンク先からは購入できなくなっているようです(日本の場合)。日本からは、Kindle 3G Wireless Reading Device, Free 3G + Wi-Fi, Graphite [For International Shipment]($189)を購入するようにとのアナウンスが出ています(2011.1.6追記)。



Wi-Fiモデル($139)も、上の画像のリンク先からは購入できなくなっています(日本の場合)。日本からは、Kindle, Wi-Fi, Graphite [For International Shipment]($139)を購入するように誘導されます(2011.8.2追記)。



また、現時点で日本から購入できる3G+Wi-Fiモデルには、U.S. power adapter (supports 100V-240V) がついておらず、別売りとなっています。左側の"Add Kindle Accessories"の欄から"Add a power adapter"を選択(日本の場合、United States 版を選択)して同時購入で$19.99→$9.99と割引になります。USBケーブルはついているので、power adapter がなくてもUSBで充電ができますが、power adapter があったほうが便利です(2011.1.8追記)。



3G+Wi-Fiモデル、Wi-Fiモデル ともに、日本から購入する場合は、power adapter が付属しなくなりました。日本向けの
power adapter (米国と同じ形)の購入もできなくなっています。USBケーブルはついているので、power adapter
がなくてもUSBで充電ができます(2011.8.2追記)。
…………………………………………………………



書体や文字サイズ、行間、1行当りの単語数は好みで変えることができる。
気に入った設定は以下の通り(本によって変わるかも)。



  • 文字サイズ: 小さい方から5番目

  • Typeface: condensed

  • Line Spacing: medium

  • Words per Line: default


Text-to-Speech(読み上げ)機能について。
合成音だが、意外と聞き取りやすいと思う。男声と女声から選べる。速度は3種類から選べるが、最も遅いものでも、ちょっと速い(これは私の英語力の問題)。



重さについて。
本体だけだととても軽い(3G+Wi-Fiモデルで247g 実測233gだった)。私は Kindle に純正カバー(ライトなし)をつけている(164g)。最初は、カバーをつけると若干重いと思ったが、慣れるとあまり気にならなくなった。






[追記 (2010.10.6)]



Kindleは、小説のように前から順に読んでいくものには凄く良いと思う。が、もちろん万能ではない。なんだか上で絶賛してしまったので(汗)、問題点というか注意点?をいくつか挙げておこうと思う。



  • 辞書を引く際のカーソル移動がちょっと面倒。とは言っても、紙の辞書や電子辞書をひくことを考えれば楽と思う。寝転んでてもできるし。


  • 参考書や問題集等、頻繁にページを進んだり戻ったりするものには向かないと思う。ページめくりが遅いので。この点、iPadは大丈夫そう(ちょっと触った感想)。


  • 日本語表示に対応したが、英文をあまり読まない人には勧められない。今のところ日本語の対応書籍はないに等しい。
    * 青空文庫の作品をPDF表示したものは快適に読める。


  • PDFを中心に読みたい場合もあまり勧められない。一般的なPDF書類はA4サイズで出力されているので、6インチKindle画面ではまともに読めないと思う。拡大がスムーズで微調整が利けば何とかなりそうな気がするが、現時点では、メニューを開いて150%、200%、300%から拡大率を選択する形で、拡大の程度の微調整ができない。
    * Kindle DX
    (iPadと同じ画面サイズ)ならおそらく大丈夫だと思う。
    * PDFをmobi形式、azw形式に変換する方法はあるので、うまく(読みやすい形に)変換できるなら良いと思う。


……追記ここまで……



ちなみに"A Study In Scarlet" は Amazon の Kindle Store にもたくさんあるけれど、いずれも有料。Project GutenbergManybooks.netfeedbooks で、無料で書籍データが入手できるので、私はそちらを利用(<ケチ)。



  • A Study in Scarlet (Project Gutenberg): Mobipocket 形式のもの(Kindle と書かれている)をダウンロード


  • A Study In Scarlet (Manybooks.net): Kindle 形式または Mobipocket 形式のものをダウンロード


  • A Study in Scarlet (feedbooks): Mobipocket 形式のもの(Kindle と書かれている)をダウンロード


関連記事:Kindleで無料本を読む



最終更新日:2011.10.29




Copyright(C)since2005 白い猪亭


Kindleで無料本を読む

Amazon.com の Kindle Store には、無料の電子書籍があり、その多くは著作権が消滅し、パブリックドメインとなった作品である(いわゆる古典・名作が多い)。通常の電子書籍が期間限定で無料となっている場合もある。



  • Kindle Popular Classics: パブリックドメインの作品(無料)


  • Limited-Time Offers: 期間限定で無料 期間限定価格の作品(無料のものが多いが、$2のものも結構見かける)。




著作権が消滅した作品の電子書籍を無料でダウンロードできるサイトは、他にもいくつかある。古い名作が Amazon で無料になっていなくても、これらのサイトで見つけられることが多い。





Kindle形式(.azw) または Mobipocket形式(.mobi, .prc) のもの、もしくは TextファイルをPCでダウンロード。KindleをUSBで接続し、Kindleのdocumentsフォルダにファイルをコピーすれば良い。PDFも読める。



ちなみに、私の Kindle には、無料書籍だけで既に100冊ほど入っている。前もってダウンロードしておいたものに加え、Kindle が届いてからもウハウハと喜びながらダウンロードしまくったら、こんなになってしまった……読み終えるのに何年かかるんだ、自分。



最終更新日:2011.11.30




Copyright(C)since2005 白い猪亭


Kindle3のショートカット

[追記] この記事は、Kindle 3 (Kindle Keyboard) についての記事です。2011年10月に、新型 Kindle(第4世代)が発表されました。
 >>Kindle Fire は買いか? Android タブレットについて

 >>新型 Kindle 発売(Kindle 4) E-Ink 端末3種について

旧機種(通称 Kindle 3)は、Kindle Keyboard と名前を変更して販売されています(2011年10月時点)

……追記ここまで……



Kindle Storeに移動: [Alt] + [HOME]



画面のリフレッシュ: [Alt] + [G]



数字入力: [Alt] + [Q]~[P] で1~9を入力



大文字入力: [↑] + [アルファベット]



入力文をまとめて削除:[Alt] + [Del]



画面キャプチャ: [ALT] + [↑] + [G] (Documentsフォルダにgifで保存される→PCで確認)



ブックマーク追加/解除: [ALT] + [B]



Text to Speech 開始/停止: [↑]+[Sym]



Text to Speech 一時停止/再開: [space]



Text to Speech 設定: [Aa]



新型Kindle(Kindle3)到着! の記事から分離しました



最終更新日:2011.10.29






Copyright(C)since2005 白い猪亭


新型Kindle(Kindle3)到着!

[追記] この記事は、Kindle 3 (Kindle Keyboard) についての記事です。2011年10月に、新型 Kindle(第4世代)が発表されました。
 >>Kindle Fire は買いか? Android タブレットについて

 >>新型 Kindle 発売(Kindle 4) E-Ink 端末3種について

旧機種(通称 Kindle 3)は、Kindle Keyboard と名前を変更して販売されています(2011年10月時点)

……追記ここまで……



先日、Amazon.com から新型 Kindle(Kindle3)が届いた。
注文したのは8/2。予定より早く8/27に発送され、Fernley NV → Louisville KY → Anchorage AK を経て8/29に成田到着。8/31にクロネコヤマトの宅急便で届いた(諸事情により、私が実際に手にしたのは9/2)。地域により、UPS がクロネコに配送を委託しているらしい。



Kindle3開封したところ
E-Inkの電子ペーパー画面に簡単な説明が表示されている(印刷ではない)



Kindle3入っているのはこれだけ
本体と、USBケーブル(microUSB)&ACアダプタ、マニュアル



Kindle3ACアダプタをつなぎ充電開始
電源スイッチ(本体下部にある)をスライドさせると起動開始



Kindle3起動完了



私が購入したのは、189ドルの3G+Wi-Fiモデル(別途、配送料・関税がかかる。参考:新型Kindle予約!)。



本体が247g 実測233gだった、カバー(ライトなし)が164g。合計411g 397g。
[追記] カバー(LEDライトつき)は227gらしい。











:2010年12月頃から、3G+Wi-Fiモデル($189)は、上の画像のリンク先からは購入できなくなっているようです(日本の場合)。日本からは、Kindle 3G Wireless Reading Device, Free 3G + Wi-Fi, Graphite [For International Shipment]($189)を購入するようにとのアナウンスが出ています(2011.1.6追記)。



Wi-Fiモデル($139)も、上の画像のリンク先からは購入できなくなっています(日本の場合)。日本からは、Kindle, Wi-Fi, Graphite [For International Shipment]($139)を購入するように誘導されます(2011.8.2追記)。



また、現時点で日本から購入できる3G+Wi-Fiモデルには、U.S. power adapter (supports 100V-240V) がついておらず、別売りとなっています。左側の"Add Kindle Accessories"の欄から"Add a power adapter"を選択(日本の場合、United States 版を選択)して同時購入で$19.99→$9.99と割引になります。USBケーブルはついているので、power adapter がなくてもUSBで充電ができますが、power adapter があったほうが便利です(2011.1.8追記)。



3G+Wi-Fiモデル、Wi-Fiモデル ともに、日本から購入する場合は、power adapter が付属しなくなりました。日本向けの power adapter (米国と同じ形)の購入もできなくなっています。USBケーブルはついているので、power adapter がなくてもUSBで充電ができます(2011.8.2追記)。

…………………………………………………………



Kindle3Kindle3純正カバーをつけた



本体だけだと軽いのだが、カバーをつけると若干重い(私が非力なだけかもしれないが)。もう少し軽いカバーでよいのに。
[追記] 慣れると重さはあまり気にならなくなった。



ディスプレイは、想像していたほど傷つきやすそうではないが、個人的にはカバーなしで鞄に入れて持ち運ぶ気にはなれない。何らかのカバーないしケースが必要と思う。自宅で使う分にはカバーなしでも良いと思う。



[追記] 純正の革カバー以外にもカバー/ケースが発売されている。持ち運び用にネオプレーンやナイロン製のケースも良いかも。 >> Kindle (6", Latest Generation) Covers



◇ 電子ペーパー画面について。残念ながら、紙のよう、とは言えない。紙とは明らかに違う。だが、液晶画面とも明らかに違う。Kindle の画面を見てから、PCの液晶を見ると、目に対する刺激が異なるのがよくわかる。まだ Kindle を長時間使ってはいないが、目は疲れにくそうである。
画面の遷移(ページめくり)の際に、画面が暗転するのは、慣れると意外と気にならない。もっとページめくりが速いとより嬉しいが、普通に英文を読むにはあまり不自由はなさそう。
 関連記事:Kindle読書の感想



◇ Webブラウザについて。3G通信では Amazon と Wikipedia 以外には繋がらなくなるのではないか、と思っていたが、そんなことはなかった。基本的に接続先の制限はなさそう。但し、すぐにフリーズする……Wi-Fi 接続だと少しはましだが、やはりフリーズしやすい。OCN の Web メールとhotmailでメールの確認をしようとしたが、途中で固まってメール内容の確認ができなかった。Amazon の表示も遅く、不安定。遅いのは仕方ないにしても、もう少し安定した接続ができるようになって欲しい。今後のバージョンアップに期待。
[追記] 3.0.1にバージョンアップしたら、接続時の安定性が改善した。



なお、3G通信の設定は不要。届いて充電すればすぐに繋がる。
Wi-Fi の暗号化方式は、WEP/WPA/WPA2から選択可能である。



Kindle3のショートカット の記事を別にしました



最終更新日:2011.10.29






Copyright(C)since2005 白い猪亭


wpm (words per minute)

多読を始めてみて、自分の英文を読む速度が遅いということが良く分かった。
SSS式では、最終的に、ペーパーバックを200 wpm(words per minute)以上で読めることを目標にしているようだ(ひょっとしたら違うかも)。ネイティブスピーカーの平均的な読書速度は250~350 wpm位らしいから、200 wpmでもゆっくりだろう。



が、GR(Level 0 - 3)で150 wpmでも体感的に結構速い感じなんですが!(当社比)。200 wpmだと飛ぶような速さ、てか、200 wpmに到達できない(^_^;) 平均して165~170wpmくらい。幸か不幸か、レベルを上げても読書速度は変わらない。
こんなんでホントにペーパーバックを200 wpmで読むようになれるのか?根本的に読み方を変える必要があるのでは?





日本語の文章を読んでいる時と何が違うのか考えてみると、


  • 目を動かす速度が遅い

  • 一目で把握する範囲が狭い(把握する語数が少ない)

  • 頭の中で部分的に音声化しているかも

こりゃ、遅いよ ┐(´_`)┌




試しに、ペンをガイダンスにして読んで見ることにした。ペンで文章をなぞるようにして、その部分を読んでいく。できるだけ一定の速度で、普段自分が読む速度より速めに、なめらかにペンを動かす。それだけ。



主に参考にしたのはこちら ▽





上記の方法で"Emil and the Detectives"(Penguin Readers Level 3)を読んでみると、230 wpmになった。一気に3割増し。マジですか。ずっとペンでなぞり続けていたわけでもないんだけど<いい加減
半信半疑で他の本でもやってみた。200 wpm越え。こりゃあいい、と思ったが、その後はなかなか200wpmを超えられない。それでも適当にペンでなぞったりなぞらなかったりして (^_^;) 平均すると180~190wpm位。
ちょっとしか速くなっていないが、200wpm超えを体験できただけでも良かった。もう少し真面目に続ければ、もうちょっと速くなるかも、と期待。



ちなみに、上にあげた以外の遅くなる原因は





  • 挿絵が多い(つい見入ってしまい、読むリズムが崩れる)


  • 非英語圏の固有名詞が出てくる(おフランスの名前などでつっかえてしまう)


  • 歴史物の方が、現代物よりも時間がかかる傾向



最近は、読書中に挿絵はあまり見ないようにしているが、後者2点はいかんともし難い。



 





Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。