このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle + PB 多読 6

[関連記事] Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他(児童書中心)-



2011年1月の読書



  1. Henry VIII and His Wicked Wives (Horribly Famous) by Alan MacDonald

    20,061語 YL4.5 Reading Level 4.1 Lexile Level 710L

    Henry VIII and His Chopping Block の改題
    感想はこちら>>


  2. Dead of Jericho by Colin Dexter (retold by Clare West)

    OBW5 23,000語 YL4.5

    Retold版。邦題は『ジェリコ街の女』。


  3. Cam Jansen and the Mystery of the Stolen Diamonds (Cam Jansen #1) by David A. Adler

    4,753語 YL2.5 Reading Level 3.8 Lexile Level 420L

    邦題は『ぬすまれたダイヤのなぞ (名たんていカメラちゃん 1)』。

    >>Amazon.com Kindle Store


  4. The Forests of Silence (Deltora Quest #1) by Emily Rodda

    26,803語 YL5.0 Reading Level 4.4 Lexile Level 690L Fog Index: 6.2 Flesch Index: 82.3 Flesch-Kincaid Index: 4.4

    邦題は『デルトラ・クエスト(1) 沈黙の森』。


  5. Nate the Great and the Snowy Trail (Nate the Great #7) by Marjorie Weinman Sharmat

    1,891語 YL1.3 Reading Level 2.1 Lexile Level 480L

    邦題は『ゆきの中のふしぎなできごと(ぼくはめいたんてい6)』。


  6. The Lake of Tears (Deltora Quest #2) by Emily Rodda

    25,672語 YL5.0 Reading Level 4.5 Lexile Level 730 Fog Index: 6.6 Flesch Index: 81.3 Flesch-Kincaid Index: 4.7

    邦題は『デルトラ・クエスト(2) 嘆きの湖』。


  7. Beauty and the Beast by Jeanne-Marie Le Prince de Beaumont

    5,293語 Flesch-Kincaid Index 65.2

    邦題は「美女と野獣」。『美女と野獣』に所収の短編。ディズニー版の原作。

    >>Amazon.com Kindle Store ($0)  >>Project Gutenberg からダウンロード


  8. The Secret Adversary by Agatha Christie

    75,275語 YL8.0 Reading Level 5.9 Lexile Level 680 Fog Index: 7.4 Flesch Index: 74.1 Flesch-Kincaid Index: 5.3

    邦題は『秘密機関』。

    >>Amazon.com Kindle Store


  9. This Rough Magic by Mary Stewart (retold by Diane Mowat)

    OBW5 21,000語 YL4.5
    Retold版。邦題は『この荒々しい魔術』。


  10. Hunted Down by Charles Dickens

    8,636語 Fog Index: 9.6 Flesch Index: 69.4 Flesch-Kincaid Index: 7.4

    邦題は「追いつめられて」。『ディケンズ短篇集 (岩波文庫)』、『犯罪文学傑作選』、『』、『世界短編名作選〈イギリス編〉』、『文芸推理小説26人集〈第1〉』所収。
    >>Project Gutenberg からダウンロード

    >>Amazon.com Kindle Store ($0)


  11. The Riddle of the Sands by Erskine Childers (retold by Peter Hawkins)

    OBW5 21,904語 YL4.5
    Retold版。邦題は『砂洲の謎』。


  12. Kidnapped at Birth?
    (Marvin Redpost #1) by Louis Sachar

    5,209語 YL2.5 Reading Level 1.8 Lexile Level 290L

    >>Amazon.com Kindle Store


  13. The Tale of Despereaux: Being the Story of a Mouse, a Princess, Some Soup, And a Spool of Thread by Kate DiCamillo [Newbery Medal (2004)]

    31,975語 YL4.5 Reading Level 4.8 Lexile Level 670L Flesch-Kincaid Index: 4.7

    邦題は『ねずみの騎士デスペローの物語』。
    感想はこちら>>


  14. City of The Rats (Deltora Quest #3) by Emily Rodda

    26,242語 YL5.0 Reading Level 4.4 Lexile Level 710L Fog Index: 6.3 Flesch Index: 81.3 Flesch-Kincaid Index: 4.5

    邦題は『デルトラ・クエスト(3) ネズミの街』。


  15. The Tower Treasure (Hardy Boys # 1) by Franklin W. Dixon

    34,535語 YL5.0 Reading Level 5.3 Lexile Level 740L

    >>Amazon.com Kindle Store


今月の合計 15点 336,980語

これまでの合計 1,173,931語

110万語通過



100点目の The Secret Adversary で100万語通過!(多読開始後5ヵ月半)
今月はたくさん読んだなー(当社比)。先月は1月中の100万語通過を危ぶんでいたが、あっさり通過できた。でも、まだまだこれからですな。




1.Dead of Jericho

久しぶりのGR。Morse 警部もの。Retold 版でかなり省略されているのだが(原書は63,735語)、展開に無理はなく、面白かった。同じくOBW5の "Brat Farrar(魔性の馬)"も良かったし、レベルが高いOBWのミステリは良さそう。2万語超えというのがポイントかも。



4.The Forests of Silence (Deltora Quest #1)

6.The Lake of Tears (Deltora Quest #2)
14.City of The Rats (Deltora Quest #3)

テンポ良く話が進み、大変楽しい。割と先が読めてしまう部分はあるし、ラスボスとの対決はやけにあっさりしているし(特に1巻と2巻)、いささか底が浅いが(散々なこと言ってますね)、気軽に楽しめてよい。シリーズ最終作(8巻)までは読む予定。
YL5.0だが、先月読んだ不思議系の "Chasing Vermeer" (YL4.5程度)に比べるととっても楽ちん♪と思ったら、Reading Level や Lexile Level はあちらの方が少し上だった。さもありなん。もっとも、"Chasing Vermeer" が好みでなかっただけかもしれない。"Chasing ~"は一応ミステリのくせして、論理が飛躍しまくり、というか、非論理的な思考の連続で、脳味噌がウニになりそうだった……



7.The Secret Adversary

Tommy and Tuppence シリーズ第1作。

Christie を原書で読むのはこれが初めてだが、意外に読みやすい。YL8.0となっているが、そんなに難しいかなー。Christie は邦訳を結構読んでいて、この作品も昔日本語で読んだことがある。そのせいで読みやすかったのかも。

感想は、とにかく面白かった!という一言につきる。ほとんど素人の2人(Tommy は戦時中に情報部にいたことがあるものの)にそんな重要な任務を与えていいのかとか、2人とも簡単に人を信じて喋り過ぎとか、突っ込みどころはあるものの、読んでいる最中はさして気にならないし、最初から最後まで全く飽きない。

この作品は Christie の2作目で、1作目の The Mysterious Affair at Styles (スタイルズ荘の怪事件)と違い、ミステリより冒険小説の要素が強いのだが、彼女のストーリーテラーとしての才能が十二分に発揮されていると思う。

邦訳を読んだのはかなーり前なので、内容はほとんど忘れていた。だが、アメリカの若き大富豪 Julius Hersheimmer のことをすっかり忘れていたのには、我ながらちょっとびっくり。思い立ったらすぐ行動、入手に時間のかかるロールスロイスも持ち主と直談判して即購入、愛用のリボルバーに名前をつけて持ち歩く、結構印象的なキャラクターなのにー。



9.This Rough Magic

"Brat Farrar"と"Dead of Jericho"が面白かったのに味をしめ、OBW5から選択。

ミステリだと思って読んでいたら、途中であっさり犯人が明かされ、サスペンスになってしまった(笑)。それなりに楽しめたが、The Secret Adversary を読んだ後ではイマイチ物足りない。



10.Hunted Down

Dickens の短編。ミステリに分類されているが、この作品が収録されているクイーン編の短篇集のタイトル "The Literature of Crime(犯罪文学)"の方が、個人的にはぴったりくる。著名な文学者の書いたミステリないしはクライム・ノベルってのは、結構いいかもしれない。"The Literature of Crime(邦訳は『文芸推理小説26人集』、その抜粋版が『犯罪文学傑作選』)" の他の収録作品もそのうち読むかも。Stevenson とか Mark Twain とか Kipling とかある。



11.The Riddle of the Sands

こちらもOBW5。スパイ小説の古典の Retold 版。

それなりに面白かったが、同じくOBW5の"Brat Farrar"や"Dead of Jericho"に比べると今ひとつ。



12.Kidnapped at Birth?

以前から気になっていたが図書館にないので読んでいなかった Marvin Redpost シリーズ。書店で見かけてパラ見するつもりが、最後まで立ち読みしてしまった<良い子は真似してはいけません

家族の誰にも似ていない Marvin 君。赤ん坊の頃に誘拐されて行方不明の Prince Robert のことを知り、自分がその王子に違いないと確信する。家族に打ち明け、名乗り出て、血液検査を受けることになるが……

Marvin 君、素直でかわいい。そして、簡単な英文なのに、登場人物が生き生きとしていて、さすが人気作家だなーと感心。 含みをもたせたラストも良い。

かなり気に入ったのだけど、しばらくはYL4-5程度の本を中心に読む予定なので、続編を読むのはとりあえずよしておく。Louis Sachar の他の本は図書館に何冊かあったので、そのうち借りて読むことにする。



************************************

OBW5: Oxford Bookworms Stage 5 (YL 4.5-5.0) 1800語レベル 総語数18000-24000語





Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

The Tale of Despereaux(ねずみの騎士デスペローの物語)

闇の中の光、絶望と希望、憎しみと赦し。そして、物語の持つ力。



The Tale of Despereaux: Being the Story of a Mouse, a Princess, Some Soup, And a Spool of Thread

The Tale of Despereaux

Kate DiCamillo(著)

”Newbery Medal (2004)”

邦題『ねずみの騎士デスペローの物語

31,975語 YL4.5 Reading Level 4.8 Lexile Level 670L Flesch-Kincaid Index: 4.7



通常は、1ヶ月の読書記録の下に一部の作品についてコメントを書いているのだが、長くなったので、別記事にする。多読を始めて良かったと思った作品の一つ。そうでなければ読むことはなかっただろうから。



物語は4部から構成されている。舞台は人間の国王とその家族が住む城。
第1部は、本や音楽を愛する変わり者の小さな mouse、 Despereaux の話。第2部は、やはり変わり者の rat、Chiaroscuro
の話。彼は、自分の住処である地下牢の闇を嫌い、光に憧れている。第3部は、親に売られ虐待された少女、Miggery Sow の話。頭の回転が遅く、耳もよく聞こえない彼女は、いつか王女になることを夢見ている。
この3者それぞれと Princess Pea が関わりを持ち、第4部では登場人物が一堂に会し、物語は終末に向かう。



途中、Chiaroscuro がどうなるのかが一番気になった。最後はちょっと哀しいが、あの終わり方はある意味リアルだと思う。



この物語では、闇の中の光、絶望と希望、憎しみと赦しが描かれる。
そして、また、物語の持つ力についても(控えめに)描かれている。






作者がこの物語を書いている最中に9/11テロが起き、「自分たちの周りで世界が崩れ落ちている時に、王女を救うネズミの話を書くなんて意味がない(It doesn’t matter at all now.)」と感じていたという。しかし、飛行機で偶然出会った男性に、「たぶん物語は重要だ(maybe stories do matter.)」と言われ、その言葉を書いた紙を机に置き、執筆を続けたそうだ。



作者 Kate DiCamillo のインタビューがこちらで読める(PDF)↓
http://www.teachingbooks.net/content/interviews/DiCamillo_qu.pdf



地下牢の看守が Despereaux に言う。


Stories are light. Light is precious in a world so dark. Begin at the biginning. Tell Gregory a srtory. Make some light.
(物語は光。暗闇の世界の中で光は貴い。最初から始めておくれ。グレゴリーに話しておくれ。光をおくれ)



上の言葉に心打たれるのは、おそらく私が、本、そして、物語を心の友として育ったからなのだろう。大人になった現在もさして変わらず、もしも実用書以外の本を読めなくなったらどうやって生きていけばよいかわからない、と本気で思っている。



Kate DiCamillo の他の作品も気になる。図書館にないのが残念だが、Because of Winn-Dixie (2001年度 Newbery Honor 受賞作) か The Tiger Rising をそのうち購入して読んでみようと思う。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


100万語通過

洋書(英書)多読は、先日、ちょうど100冊(点)目で100万語を通過した。多読開始後5ヵ月半での通過である。まあまあのペース。通過本は Agatha Christie の The Secret Adversary(YL8.0, 75,275語)。



で、100万語読んで何か変わったかというと……以前より気楽に英語本が読めるようになったかも、という程度。身構えなくなったというか。読速は上がっていない。ていうか、むしろ落ちているような(笑)。同程度のYLでも児童書だとGRより速度が落ちる。YL4以上でも速度が落ちる。
はっきりわかったのは、100万語程度じゃ全っ然足りないということ。500万語くらい読めば少し変わるかなー。仮に今のペースで読めたとしても、あと2年ですね。まあ、気楽にいきましょう。



【追記】
後で気づいたので追記。変わったことは他にもあった。以前より長時間洋書(英書)が読めるようになった。1時間半~2時間読み続けても疲れない。調子がよければもっと読んでも平気。30万語くらいの頃は1時間ちょっとで疲れていた記憶がある。
……追記ここまで……



100万語までの冊数(点数)と語数は以下の通り。


冊数(うちGR・LR)  語数(うちGR・LR)
YL0 10 (10)     3,049 (3,049)
YL1 15 (7)     46,092 (15,306)
YL2 17 (8)       81,285 (47,352)
YL3 26 (18)     277,851 (219,084)
YL4 11 (4)     169,404 (71,384)
YL5   5 (0)     152,641 (0)
YL6   2 (0)     92,586 (0)
YL7   0           0
YL8   1       75,275
YL9   1       43,457
不明 12      78,059
計  100      1,019,699 (356,175)



YL1、YL2は思ったより読んでいた。GR以外に児童書も読むようにした(というか、3ヶ月目から児童書をメインにした)のが効いている。YL3は多めに読むよう心がけて、そこそこ読んだ。YL4はまだ少ない。次の100万語ではYL4をもっと読む必要があるなー。
というわけで、多読続行中。



面白い分析をみつけたので、リンク ↓
「100万語読もう!」の意味って?  (にゃ の 洋書多読ブログ手帳



最終更新日:2011.1.30






Copyright(C)since2005 白い猪亭


"Henry VIII and His Wicked Wives (Horribly Famous)"

ヘンリー八世に関する子供向けの歴史本。父のヘンリー七世(テューダー朝開祖)にも触れている。



Henry VIII and His Wicked Wives (Horribly Famous)


Henry VIII and His Wicked Wives (Horribly Famous)


Alan MacDonald(著)


20,061語 YL4.0 Reading Level 4.1 Lexile Level 710L

Henry VIII and His Chopping Block の改題



Amazon(日本)  Amazon(米)  Amazon(UK)



子供向けだが、重要な点は網羅していると思う。そして、結構ブラックというか、エグいことがさらっと書かれていたりする(原題が Henry VIII and His Chopping Block だし)。そのためか、Reading Level は4.1(4年生で読めるレベル)だが、対象は Grades 6 - 9 (アメリカ)となっている。



架空の日記や手紙、新聞記事が載っていたり、漫画やイラストも多く、子供達が興味を持ちやすいように工夫されている。小・中学生がこんな本で歴史を学んだらさぞ楽しかろう。
同シリーズの他の本も読んでみたい気がする。



2万語強(出版社情報)にしては長い印象を受けたが、手書き文字(日記や手紙、新聞等の部分)は語数にカウントされていないのかもしれない。






多読を始めてから初めて購入した本がコレである。我ながらちょっとどうかと思う。
実は、11月末に初めの方を読んだ後、1ヶ月以上放置していた(それでも私にしては放置期間が短い!)。面白いことは面白いのだが、歴史オタクとしては知っていることが多く(汗)イマイチ新鮮味にかけたのと、手書き文字の部分が読みにくかったのも放置の理由だが、おそらくそれ以上に重大な理由が……ヘンリー八世が嫌いだということ。途中で読む意欲が低下してしまった。
そんなもの買うな、という感じだが、あまりにタイトルが魅惑的で誘惑に抗しきれなかった(笑)。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。