このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle + PB 多読 8

[関連記事] Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他(児童書中心)-



2011年3月の読書



  1. The Valley of The Lost (Deltora Quest #7) by Emily Rodda

    25,495語 YL5.0 Reading Level 4.2 Lexile Level 630L Fog Index: 6.6 Flesch Index: 80.9 Flesch-Kincaid Index: 4.5

    邦題は『デルトラ・クエスト(7) いましめの谷』。


  2. In Aunt Lucy's Kitchen(The Cobble Street Cousins #1) by Cynthia Rylant

    3,937語 YL2.5 Reading Level 3.4 Lexile Level 550L Fog Index: 5.7 Flesch Index: 79.3 Flesch-Kincaid Index: 4.4

    邦題は『小石通りのいとこたち(1)ルーシーおばさんの台所』。


  3. Robin Hood: The Silver Arrow and the Slaves

    Scholastic ELT Readers 2 6,870語 YL2.8


  4. Frog and Toad are Friends by Arnold Lobel "Caldecott Honor (1971)"

    ICR2 2,275語 YL1.2 Reading Level 2.4 Lexile Level 400L

    邦題は『ふたりはともだち』。


  5. Bedtime for Frances by Russell Hoban

    1,340語 YL1.5 Reading Level 3.4 Lexile Level 360L

    邦題は『おやすみなさいフランシス』。


  6. The House on the Cliff (Hardy Boys # 2) by Franklin W. Dixon

    33,501後 YL:5.0 Reading Level: 6.1 Lexile Level 740L Fog Index: 7.1 Flesch Index: 78.4 Flesch-Kincaid Index: 5.0
    邦題は『ハーディー誘拐事件』。


  7. Frog and Toad Together by Arnold Lobel "Newbery Honor (1971)"

    ICR2 1,968語 YL1.2 Reading Level 2.3 Lexile Level 330L

    邦題は『ふたりはいっしょ』。


  8. Dear Mr. Henshaw by Beverly Cleary ”Newbery Medal (1984)”

    17,812語 YL:4.5 Reading Level: 4.7 Lexile Level 910L Fog Index: 7.2 Flesch Index: 77.9 Flesch-Kincaid Index: 5.7

    邦題は『ヘンショーさんへの手紙』。


  9. Return To Del (Deltora Quest #8) by Emily Rodda

    26,937語 YL5.0 Reading Level: 4.2 Lexile Level 580L Fog Index: 5.9 Flesch Index: 81.7 Flesch-Kincaid Index: 4.2
    邦題は『デルトラ・クエスト(8) 帰還』。


  10. Great Crimes by John Escott

    OFF4 15,747語 YL3.8


  11. The Firework-Maker's Daughter by Philip Pullman

    14926語 YL:4.0 Reading Level: 5.6 Lexile Level 870L Fog Index: 7.7 Flesch Index: 75.2 Flesch-Kincaid Index: 5.8

    邦題は『花火師リーラと火の魔王』。


  12. Five Go Adventuring Again (Famous Five #2) by Enid Blyton

    39,700語 YL:4.5

    邦題は『フェイマス・ファイブ 宝島への大冒険』(原作の1巻と2巻が1冊になっている)、『こちらおなじみ探険隊 秘密の迷路をさがせ!』。


  13. Corduroy by Don Freeman

    YL2.5 Reading Level: 3.2 Lexile Level 600L 620語

    邦題は『くまのコールテンくん』。


  14. Where the Wild Things Are by Maurice Sendak "Caldecott Medal (1964)"

    362語 YL2.5 Reading Level: 4.4 Lexile Level 740L

    邦題は『かいじゅうたちのいるところ』。


  15. Squidge: Little Elf, Big Trouble by Andrew Thomas

    >>Amazon.com Kindle Store

    1,400語(概算)


  16. Three Billy Goats Gruff by J. E. Moe & Marcia Brown

    455語(概算) YL2.5
    邦題は『三びきのやぎのがらがらどん』。


  17. Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1) by Patricia MacLachlan ”Newbery Medal (1986)”

    8,251語 YL3.5 Reading Level: 4.2 Lexile Level 560L Fog Index: 4.3 Flesch Index: 84.9 Flesch-Kincaid Index: 3.4

    邦題は『のっぽのサラ』。


今月の合計 17点 201,596語

これまでの合計 1,641,031語

160万語通過






1. The Valley of The Lost (Deltora Quest #7)

9. Return To Del (Deltora Quest #8)

Deltora Quest 読了!面白かったが、Web でうっかり最後の大どんでん返しについて読んでしまったので orz、驚きを味わえなかったのが残念(自業自得)。第2シリーズもそのうち読むつもり。Rowan of Rin シリーズも読みたいのだが、図書館にはないし、購入するにしても第3巻と第5巻が絶版で、古本を買うと高くなる。再販してくれないだろうか。



2.In Aunt Lucy's Kitchen (The Cobble Street Cousins #1)

3人の9歳の従姉妹たち(うち2人は双子)が、両親がバレエの世界公演で留守にする間、花屋をしている叔母さんの家で暮らす話。6巻シリーズの1巻目。女の子女の子した甘く可愛らしい話のようなので、これまで敬遠していたのだが(どちらかというとその手の話は苦手)、図書館で借りて読んでみた。語数が少ないのでイケるかもと思って。確かに女の子っぽい可愛らしい話だったが、割と楽しめた。2巻以降も読むかも。

意外だったのは、Lucy 叔母さんの年齢。読む前はてっきり中年のおばさんかと思っていたら、若くて可愛らしい女性だった。



3.Robin Hood: The Silver Arrow and the Slaves

Richard Armitage(リチャード・アーミティッジ)さんが Sir Guy of Gisbourne 役で出演している(<重要)BBCのTVドラマシリーズのノベライゼーション(GR)。ドラマの写真が使われているのが良い。ちなみに、Scholastic ELT Readers からは "Robin Hood: The Taxman" も出版されているが、図書館にはなかった。残念。



8.Dear Mr. Henshaw

小学生の Leigh は、作家の Henshaw さんに何度もファンレターを出していた。ある時 Henshaw さんへの質問を書いた手紙を送ると、Leigh に同じ質問が返ってきた。Leigh は Henshaw さんへの手紙に、そして手紙形式の日記に、自分について書き始める。その中で Leigh の家庭や学校生活が少しずつ明らかになっていく。Leigh の両親は離婚し、今は母と暮らしている。愛犬は父が引き取った。転校した学校では友達ができず、弁当が盗まれる。長距離トラックの運転手の父からはあまり連絡がない。

大事件は起こらないが、日常生活の中での悲しみや喜びが綴られ、Leigh の心の成長が描かれる。


良い作品だった。でも、読んでいる途中はちょっと辛くて、何度も中断していたので、読み終えるのに11日もかかってしまった。先月読んだ "Al Capone Does My Shirts" の時もそうだったが、私はどうも子供が辛い思いをする話が苦手らしい、と最近気づいた。あと、両方とも主人公が転校しているのも関係しているかもしれない。私は小学・中学で3回転校していて、当時はそれなりに辛い思いもしたので、ヘンに感情移入してしまうのかも。

続編の "Strider (邦題は「リー・ボッツの日記―走れ、ストライダー」)" が出版されているが、読むかどうか迷う。図書館にはないんだよなー。



10.Great Crimes

ノンフィクションが読みたくなったので、久しぶりにGRを借りてみた。12の犯罪について書かれている。知っているものも知らないものもあったが、興味深く読めた。



11. The Firework-Maker's Daughter

「ライラの冒険」の Philip Pullman の東洋風ファンタジー。花火師の娘 Lila は、幼いころから父の仕事を手伝い、自分も花火師になりたがっているが、父に反対される。真の花火師になるには、火山に住む火の魔王(Fire-Fiend)から royal sulphur をもらわなければならないという秘密を知り、Lila はこっそり家を出て火山に向かう。だが、その試練を乗り越えるには他にも必要なことがあるのを Lila は知らなかったのだ……

テンポよく話が進み、一気に読めた。だが、どこかおっとりとして、ユーモアがあり、 最後は大団円。最後の他の花火師との交流も良い。Pullman の他の作品も読みたくなった。



17. Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1)

19世紀末のアメリカ。大草原で暮らす父と2人の子供たち― Annaと Caleb ―のもとに、「妻と2人の子供の母」を募集する広告に応じて、海辺の町から Sarah という女性がやってくる。試しに一緒に暮らしてみることになったのだが、海を恋しがる Sarah が大草原に居着いて母になってくれるのか、Annaと Caleb は Sarah の様子に一喜一憂する。

評判通り良い話だったが、私はこの1冊だけで良いかなー。個人的には、血湧き肉躍る話の方が好きだ(笑)。

作中で Sarah が "Sumer Is Icumen In" を歌う場面が出てきて、おお!と思った。英国だけでなく、アメリカでも有名なのねー。



************************************

ICR2: I Can Read Books Level 2 (YL 1.2-1-6) 総語数1500-2000語

Scholastic ELT Readers Level 2 1000語レベル 総語数約7,000語

OFF4: Oxford Bookworms Factfile Level 4 1400語レベル





Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

3代ヨーク公リチャード・プランタジネットの肖像

3代ヨーク公リチャード・プランタジネット Richard Plantagenet, 3rd Duke of York (1411-1460)



エドワード四世およびリチャード三世の父、3代ヨーク公の肖像画は、ほとんどみかけない。存命中や死後まもなくの肖像画は、おそらく現存していないのではなかろうか。



3代ヨーク公リチャード Richard, Duke of York



最もよく見かけるのが左の肖像画だが、出典が分からない。おそらく後世の本の挿絵ではないかと思うのだが。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えいただけますと幸いです。



Hulton Archive (Getty Images) でもこの画像を見ることができるが、つけられているキャプションが変だ。
"Circa 1450, Richard (Plantagenet) 3rd Duke of York (1411 - 1460), brother of Edward V."とあるが、兄弟の筈がない。祖父だよ、祖父。ヨーク公違いです。こうなると Circa 1450 というのも怪しい。



私の知っている肖像画はもう一つ。

ナショナル・ポートレート・ギャラリー所蔵のエッチング
1792年の作品。



その他、Nash Ford Picture Library のサイトで4つの画像を見ることができる(うち2つはステンドグラスの一部)。

Richard Plantagenet (1411-1460) - Duke of York 1425-1460



左から2つ目の画像(ステンドグラス)は、St Laurence Church, Ludlow のもの。身廊(Nave)の  West Window の一部(左下)である。ヴィクトリア朝につくられたもの。English Monarchs のサイトでヨーク公の全体像を見ることができる。





Copyright(C)since2005 白い猪亭


【お知らせ】 3月9日 メンテナンスのご案内

3月9日 (水) 1:00~8:30にブログ人のメンテナンス工事があります。この間、コメント投稿、トラックバックができなくなりますのでご了承ください。時間は多少前後する場合があります。

[Link] メンテナンスのご案内 (OCNブログ人)
白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。