このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle + PB 多読 32

[関連記事] Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他(児童書中心)-



2013年3月の読書



  1. No Roses for Harry! (Harry the Dirty Dog シリーズ) by Gene Zion

    748語 YL1.5 Reading Level 3.4 510L

    邦題は『ハリーのセーター


  2. The Case of the Mixed-Up Mutts (Buddy Files #2) by Dori Hillestad Butler

    11,333語 YL3.2 Reading Level 2.5 460L

    邦題は『すりかわったチャンピオン犬―名探偵犬バディ(2)

    Kindle版あり


  3. All About Heat by Lisa Trumbauer

    RRA Science 277語 YL1.0 Reading Level 1.6 320L


  4. The Bat-Poet by Randall Jarrell

    6,515語 YL4.5位 Reading Level 4.5 660L

    邦題は『詩のすきなコウモリの話


  5. Fetch! by Roderick Hunt

    ORT1 (Wordless Stories B: Formerly "Biff and Chip Stories") 1語 YL0.0

    >>Oxford Owl のサイトで読む(無料)


  6. The Big Box by Roderick Hunt

    ORT1 (Wordless Stories B: Formerly "Biff and Chip Stories") 3語 YL0.0

    >>Oxford Owl のサイトで読む(無料)


  7. The Little Red Hen by Nikki Gamble

    ORT1 (Traditional Tales) 4語 YL0.0

    >>Oxford Owl のサイトで読む(無料)


  8. Floppy's Fun Phonics by Annemarie Young, Kate Ruttle

    ORT1 (Read with Biff, Chip and Kipper: Phonics) 199語 YL0.2位?

    >>Oxford Owl のサイトで読む(無料)


  9. Floppy Did This! by Roderick Hunt

    ORT1 (More First Words) 23語 YL0.1

    >>Oxford Owl のサイトで読む(無料)


  10. The Green Toenails Gang(Olivia Sharp #4) by Marjorie Weinman Sharmat, Mitchell Sharmat

    2,983語 YL2.0 Reading Level 2.5 Lexile Level 460L

    Kindle版あり


  11. In the Shadow of the Mountain by Helen Naylor

    CER5 22,483語 YL5.5

    Kindle版あり


  12. The Amsterdam Connection by Sue Leather

    CER4 19,110語 YL4.5

    Kindle版あり


今月の合計 12点 63,679語
これまでの合計 5,190,959語



[今月の積読本消化]

The Case of the Mixed-Up Mutts: 2月に購入のKobo本



************************************

RRA: Rookie Read-About (YL 1.0-2.0)

ORT: Oxford Reading Tree Stage1-9 (YL 0.0-1.0) 総語数1-1500語

CER5: Cambridge English Readers Level 5 (YL 5.5-6.0) 2800語レベル 総語数19000-26000語

CER4: Cambridge English Readers Level 4 (YL 4.5-5.0) 1900語レベル 語数17000-20000語




Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

「洋書多読2(300万語~)」 インデックス

洋書多読 1(~300万語)はこちら>>



  1. Kindle + PB 多読 18 [2012.1.31]: 2012年1月の読書

  2. 主要な GR(Graded Readers)の総語数の調べ方 [2012.2.11]

  3. Kindle + PB 多読 19 [2012.2.29]: 2012年2月の読書


  4. Kindle + PB 多読 20 [2012.3.31]: 2012年3月の読書

  5. Kindle + PB 多読 21 [2012.4.30]: 2012年4月の読書

  6. Kindle + PB 多読 22 [2012.5.31]: 2012年5月の読書


  7. 400万語通過 [2012.6.8]

  8. Kindle + PB 多読 23 [2012.7.27]: 2012年6月の読書

  9. Kindle + PB 多読 24 [2012.7.31]: 2012年7月の読書


  10. Kindle + PB 多読 25 [2012.8.31]: 2012年8月の読書


  11. Kindle + PB 多読 26 [2012.9.30]: 2012年9月の読書


  12. Kindle + PB 多読 27 [2012.11.5]: 2012年10月の読書


  13. Kindle + PB 多読 28 [2012.11.30]: 2012年11月の読書


  14. Kindle + PB 多読 29 [2012.12.31]: 2012年12月の読書


  15. Kindle + PB 多読 30 [2012.1.31]: 2013年1月の読書


  16. Kindle + PB 多読 31 [2012.3.7]: 2013年2月の読書


  17. Kindle + PB 多読 32 [2012.3.31]: 2013年3月の読書


このインデックスのURLは時折変更になります。リンクもしくはブックマークをしてくださる場合は、お手数ですがこちらのURLにお願いいたします↓
http://richard111.blog.ocn.ne.jp/richard/2/

エドワード三世の子孫(男系男子の血統)

【The Greyfriars Project】



前回の記事に書いたとおり、今回の調査では、女系女子に受け継がれるミトコンドリアDNAの分析が行われた。
これとは別に、父から息子に遺伝するY染色体の分析が計画されている。このためには、男系男子の子孫(途中に女性を介さない男系のみの子孫)のDNAが必要となる。息子の息子の息子の息子……(以下エンドレス)である。



計画されているのは、エドワード三世(1312-1377)の男系男子の子孫と、リチャード三世の遺骨のY染色体の比較だ。
リチャード三世はエドワード三世の男系の玄孫(曾孫の子)である。なので、エドワード三世の男系男子の子孫と、リチャード三世は、エドワード三世の有していた同一のY染色体を受け継いでいる筈だ。



エドワード三世からリチャード三世までの家系は以下の通り。



エドワード三世 = フィリッパ・オブ・エノー(エノー・ホラント伯女)

   ¦

エドマンド・オブ・ラングリー(初代ヨーク公) = イザベル・オブ・カスティル(カスティリア王女)

   ¦

リチャード・オブ・コニスバラ(ケンブリッジ伯) = アン・モーティマー(マーチ伯女)

   ¦

3代ヨーク公リチャード = セシリィ・ネヴィル(ウェストモーランド伯女)

   ¦

リチャード三世




エドワード三世には成人した息子が5名おり、四男(成人した男子の中では3番目)のジョン・オブ・ゴーントの男系子孫の一人が、5代ボーフォート公ヘンリー・サマセット Henry Somerset, 5th Duke of Beaufort (1744-1803) 。彼は、エドワード三世の15代目の男系男子の子孫である。ちなみに、現在の11代ボーフォート公は、この5代ボーフォート公の子孫だ。



5代ボーフォート公ヘンリー・サマセットの男系男子の子孫のうち複数の方が、DNAを提供される模様(身元は公にされていない)。彼らのY染色体と、リチャード三世のY染色体が比較されることとなる。
今後の調査の進展を気長に待ちたいと思う。




エドワード三世から5代ボーフォート公ヘンリー・サマセットまでの家系(男系男子の血統)は下記の通り。



Edward III of England (1312–1377) = Philippa of Hainault

   ¦

John of Gaunt, 1st Duke of Lancaster (1340–1399) = Katherine Swynford

   ¦

John Beaufort, 1st Earl of Somerset (1373–1410) = Margaret Holland

   ¦

Edmund Beaufort, 2nd Duke of Somerset (1406–1455) = Eleanor Beauchamp

   ¦

Henry Beaufort, 3rd Duke of Somerset (1436–1464)

   ¦

Charles Somerset, 1st Earl of Worcester (c.1460–1526) 非嫡出子(母: Joan Hill)= Elizabeth Herbert, 3rd Baroness Herbert

   ¦

Henry Somerset, 2nd Earl of Worcester (c.1496–1549) = Elizabeth Browne

   ¦

William Somerset, 3rd Earl of Worcester (c.1526–1589) = Christian North

   ¦

Edward Somerset, 4th Earl of Worcester (c.1550–1628) = Elizabeth Hastings

   ¦

Henry Somerset, 1st Marquess of Worcester (c.1577–1646) = Anne Russell

   ¦

Edward Somerset, 2nd Marquess of Worcester (c.1601–1667) = Elizabeth Dormer

   ¦

Henry Somerset, 1st Duke of Beaufort (1629–1700) = Mary Capell

   ¦

Charles Somerset, Marquess of Worcester (1660–1698) = Rebecca Child

   ¦

Henry Somerset, 2nd Duke of Beaufort (1684–1714) = Rachel Noel

   ¦

Charles Somerset, 4th Duke of Beaufort (1709–1756) = Elizabeth Berkeley

   ¦

Henry Somerset, 5th Duke of Beaufort (1744-1803) エドワード三世の15代目の男系男子の子孫= Elizabeth Boscawen




Copyright(C)since2005 白い猪亭


アン・オブ・ヨークの子孫(女系女子の血統)

【The Greyfriars Project】



遺骨について追加記事を書こうと思っていたのだが、なかなか書けないでいる。とりあえず、リチャードの姉の家系について記載しておこうと思う。



*アン・オブ・ヨークの子孫(All-female line)*



リチャード三世の遺骨のDNA鑑定には、リチャード三世の長姉(正確には、彼女の上に生後間もなく夭折した姉がいるので次姉)アン・オブ・ヨークの子孫のミトコンドリアDNA(mtDNA)が用いられた。DNAを提供した2名のうち1名が、カナダ生まれでロンドン在住の Michael Ibsen 氏(55)である。もう1名は匿名希望の人物で、性別も明らかにされていないようだ。



ミトコンドリアDNAは母から子に受け継がれ、父から子へは遺伝しない。そのため、分析には女系のみの(途中に男性を介さない)子孫、つまり、女系女子の子孫のDNAが必要とされた。つまり、娘の娘の娘の娘……(以下エンドレス)。女系女子の子であれば、男性のDNAでも構わない。しかし、彼の子には彼のミトコンドリアDNAは遺伝しない。



リチャード三世と姉のアン・オブ・ヨーク(および彼らの兄弟姉妹)は、母のセシリィ・ネヴィルから同一のミトコンドリアDNAを受け継ぎ、アンの女系女子の子孫は、やはり同一のミトコンドリアDNAを受け継いでいる。



DNA分析の結果、アンから数えて17代目に当たる Ibsen 氏 (Ibsen 氏の母が16代目の女系女子の子孫)と、もう1名のアンの女系女子の子孫(匿名希望の方)のミトコンドリアDNAは一致。更に、この2人のミトコンドリアDNAは、リチャード三世の遺骨のミトコンドリアDNAと一致した。



【Link】 Results of the DNA analysis (University of Leicester): DNA分析結果の図が掲載されている



【関連記事】グレイフライヤーズ・プロジェクト: mtDNA




なお、アン・オブ・ヨークは2回結婚しており、Ibsen 氏らは、2人目の夫との間の一人娘アン・セント・レジャーの子孫にあたる。

アン・オブ・ヨークと最初の夫(エクセター公ヘンリー・ホランド)の間にも一人娘がおり(アン・ホランド)、彼女はドーセット侯トマス・グレイ(エドワード4世妃エリザベス・ウッドヴィルと、サー・ジョン・グレイの長男)と結婚したが、子供はいなかった。



セシリィ・ネヴィルの娘達の中では、アン以外に三女エリザベス(サフォーク公ジョン・ド・ラ・ポールと結婚)に娘が4人いる。しかし、彼女達には成人した子はいなかったようで、女系女子の血統はそこで途切れている。



【参考】3代ヨーク公リチャードとセシリィ・ネヴィルの子孫の系図(子と孫およびその配偶者、場合により曾孫を記載)




アン・オブ・ヨークから Michael Ibsen 氏までの家系(女系女子の血統)は以下の通り。煩雑になるのを避けるため、最低限の情報のみ記載。



Cecily Neville, Duchess of York (1415-1495)=Richard of York, 3rd Duke of York

   ¦

Anne of York, Duchess of Exeter (1439-1476) =Sir Thomas St Leger (アンの2人目の夫)

   ¦

Anne St Leger (1476-1526) =George Manners, Baron de Ros

   ¦

Catherine Manners (c.1500-c.1547)=Sir Robert Constable of Everingham

   ¦

Barbara Constable (c.1525-c.1561)=Sir William Babthorpe

   ¦

Margaret Babthorpe (1550-1628)=Sir Henry Cholmley of Roxby in Whitby Strand

   ¦

Barbara Cholmley (c.1575-1619)=Thomas Belasyse, 1st Viscount Fauconberg

   ¦

Barbara Belasyse (1610-1641)=Henry Slingsby, 1st Baronet of Scriven

   ¦

Barbara Slingsby (c.1633-?)=Sir John Talbot

   ¦

Barbara Talbot (c.1665-1763)=Henry Yelverton, Viscount Longueville

   ¦

Barbara Yelverton (c.1692-1724)=Reynolds Calthorpe

   ¦

Barbara Calthorpe (c.1716-1782)=Sir Henry Gough, Baronet

   ¦

Barbara Gough-Calthorpe (c.1745-1826)=Isaac Spooner

   ¦

Anne Spooner (1780-1873)=Rev. Edward Vansittart-Neale

   ¦

Charlotte Vansittart Neale (1817-1881)=Charles Frere

   ¦

Charlotte Vansittart Frere (1846-1916)=A. G. Folliott-Stokes of St. Ives

   ¦

Muriel Stokes (1884-1961)=Orlando Moray Brown

   ¦

Joy M Brown (Mrs. Ibsen) (1926-2008)=Norm Ibsen

   ¦

Michael Ibsen (1957-)



【Link】 Richard III - Family tree - Ann of York - Michael Ibsen (University of Leicester)




Copyright(C)since2005 白い猪亭


Kindle + PB 多読 31

[関連記事] Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他(児童書中心)-



2013年2月の読書



  1. The Case of the Lost Boy (Buddy Files #1) by Dori Hillestad Butler

    10,762語 YL3.2 Reading Level 2.5 Lexile Level 450L

    邦題は『消えた少年のひみつ―名探偵犬バディ (1)』 "Edgar Award (2011)"

    Kindle版あり


  2. Snow White in New York by Fiona French

    397語 YL1.5 Reading Level 3.5 Lexile Level 710L

    邦題は『スノー・ホワイト・イン・ニューヨーク』 "Kate Greenaway Medal (1986)"


  3. The Boy Who Held Back the Sea (Retold by Lenny Hort) by Thomas Locker

    1,126語 YL2.5位 Reading Level 2.9 Lexile Level 960L


  4. The Rescuers (Miss Bianca #1) by Margery Sharp

    25,536語 YL4.5位 Reading Level 5.7 Lexile Level 880L

    邦題は『くらやみ城の冒険』、『小さい勇士のものがたり(岩波おはなしの本)』

    Kindle版あり


  5. Princess Kiah Three Books in One by Joy Findlay

    [Princess Kiah and the Peas, Princess Kiah and the Frog, Princess Kiah and the Glass Slipper]

    807語 YL0.8位
    Kindle版(日本AmazonへLink)


  6. My Name is Truffles by Rosemary Breen

    475語 YL0.5位

    Kindle版(日本AmazonへLink)


  7. In the Shadows by Rebecca A. Rogers

    8,029語 YL4.5位 短編集

    Kindle版(日本AmazonへLink)


  8. Snow Day by Cindy Bracken

    85語 YL0.2位

    Kindle版(日本AmazonへLink)


  9. Henry and Mudge in the Sparkle Days (Henry and Mudge #5) by Cynthia Rylant

    RTR2 810語 YL0.9 Reading Level 2.7 Lexile Level 560L


  10. The Day Miriam Hirsch Disappeared (Ellie Foreman Series Prequel) by Libby Fischer Hellmann

    4,204語 YL5.0位

    Kindle版(日本AmazonへLink)


  11. 100th Day of School by Melissa Schiller

    RRA Holidays 248語 YL1.0 Reading Level 2.4 420L


  12. Little Bear's Friend (Little Bear #3) by Else Holmelund Minarik

    ICR1 1,422語 YL1.2 Reading Level 2.1 300L

    邦題は『くまくんのおともだち


  13. Ruby the Red Fairy (Rainbow Magic #1) by Daisy Meadows

    4,082語 YL2.2 Reading Level 2.7 520L

    邦題は『赤の妖精ルビー(レインボーマジック 1)』
    Kindle版あり


  14. Journey to the Volcano Palace (The Secrets of Droon #2) by Tony Abbott

    7,900語 YL3.7 Reading Level 3.1 420L

    邦訳は「火山宮殿への道」(『秘密のドルーン 1&2』所収):原書の2冊が邦訳1冊にまとめられている


  15. The Bad Beginning: Or, Orphans! (A Series of Unfortunate Events #1) by Lemony Snicket

    23,904語 YL4.5(SSSではYL4.5-5.5) Reading Level 6.1 Lexile Level 1010L Fog Index: 9.1 Flesch Index: 71.3 Flesch-Kincaid Index: 6.9

    邦題は『最悪のはじまり (世にも不幸なできごと 1)』

    Kindle版あり


  16. Bruises by Sharon Gordon

    RRA Health 240語 YL1.0 Reading Level 1.5 150L


  17. Types of Maps by Mary Dodson Wade

    RRA Geography 288語 YL1.0 Reading Level 1.9 350L


  18. England by John Escott

    OFF1 4,640語 YL2.0


  19. George Washington's Mother by Jean Fritz

    AAR3(PYR3に移行) 2,243語 YL1.6 Reading Level 2.9 250L



今月の合計 19点 96,898語
これまでの合計 5,127,280語 510万語通過



[今月の積読本消化]

The Case of the Lost Boy: 1月に購入のKobo本

The Bad Beginning: 2012年7月に購入のKindle本



************************************

RTR2: Ready-to-Read Level 2 (YL 0.7-1.4) 総語数 600-800語

RRA: Rookie Read-About (YL 1.0-2.0)

ICR1: I Can Read Books Level 1 (YL 0.4-1-6)

OFF1: Oxford Bookworms Factfiles Stage 1 (YL 1.8-2.2)  400語レベル 総語数3000-3400語程度

AAR3: All Aboard Reading Level 3 (YL 1.6-2.5)  総語数 1500-5000語

PYR3: Penguin Young Readers Level 3 (YL 1.2-1.6) 総語数 700-1400語




Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。