このサイトは

英国史上まれに見る極悪人として名高いリチャード三世の真の人物像を探ることを目的としています。
シェイクスピアの描いたリチャード三世以外のリチャード三世像があることを、一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。
2012年9月12日、レスターのグレイフライヤーズ修道院跡からリチャード三世の遺骨が発掘されました!(2013年2月4日に調査結果が発表されました)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle + PB 多読 33

[関連記事]

Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他-(日本Amazon)

Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他-(米国Amazon)



2013年4月の読書



記録のために、4月の日付で投稿(2013年10月18日)。



  1. The Secret of the Long-Lost Cousin (Can You Solve the Mystery #1) by M Masters, Bruce Lansky

    9,965語 YL3.7位 短編集(ミステリ)

    Kindle版あり(最初の短編のみのサンプル版もあり、そちらは無料)


  2. The End of an Era by Matt Phillips

    2,069語 YL5.0位 SF

    Kindle版(日本AmazonへLink)


  3. The Last Man by James Bailey

    3,418語 YL5.0位 SF

    Kindle版(日本AmazonへLink)


  4. Cat Calls (Tantalize Series) by Cynthia Leitich Smith

    4,900語(概算) YL4.5位 ファンタジー(パラノーマル)

    Kindle版(無料, 日本AmazonへLink)


  5. The Case of the Missing Family (Buddy Files #3) by Dori Hillestad Butler

    11,782語 YL3.2 Reading Level 2.7 500L

    邦題は『なぞのワゴン車を追え!―名探偵犬バディ(3)

    Kindle版あり


  6. April Fool's Day by Melissa Schiller

    RRA Holidays 318語 YL1.0 ノンフィクション


  7. The Body by Stephen King (retold by Robin Waterfield)

    PGR5 20,921語 YL5.0

    Retold版。原作は "Different Seasons" 収録の中編 "The Body (Fall From Innocence)"。邦題は「スタンド・バイ・ミー」で、『スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編』に収録。


  8. Easter by David F. Marx

    RRA Holidays 279語 YL1.0 Reading Level 2.3 Lexile Level 490L ノンフィクション


  9. Love Actually by Richard Curtis (retold by Michael Dean)

    PGR4 13,673語 YL4.0

    映画『ラブ・アクチュアリー』の Novelization の Retold版。


  10. Earth Day by Trudi Strain Trueit

    RRA Holidays 442語 YL1.0 Reading Level 3.9 710L ノンフィクション


  11. Passover by David F. Marx

    RRA Holidays 330語 YL1.0 Reading Level 2.2 440L  ノンフィクション


  12. The Titan's Curse (Percy Jackson and the Olympians #3) by Rick Riordan

    72,973語 YL5.5 Reading Level 4.3 Lexile Level 630L

    邦題は『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (3) タイタンの呪い

    Kindle版あり


  13. A Clever Season (The Clever Detective #5) by Linsey Lanier

    7,356語 YL5.0位 ファンタジー(ロマンス)

    >>smashwords で現在無料  >>Kobo版(現在無料)


  14. London by John Escott

    OFF1 4,800語 YL2.0 ノンフィクション


  15. Hell's Bells (Agatha Raisin series) by M. C. Beaton (aka Marion Chesney)

    1,300語(概算) YL3.7位 コージー・ミステリ

    Kindle版(現在無料, 日本AmazonへLink)


  16. Keep Out by Fredric Brown

    1,349語 YL4.0位 SF

    >>Project Gutenberg からダウンロード(無料)

    邦題「立ち入るな」: "Honeymoon in Hell (Kindle版)"(邦題『スポンサーから一言』)所収


  17. Ned Kelly by Christine Lindop

    OBW1 5,775語 YL2.0 ノンフィクション


  18. The Silent World of Nicholas Quinn by Colin Dexter (retold by Anne Collins)

    MMR5 22,344語 YL3.6

    Retold版。邦題は『ニコラス・クインの静かな世界


  19. Father Bear Comes Home (Little Bear #2) by Else Holmelund Minarik

    ICR1 1,519語 YL1.4 Reading Level 2.4 240L

    邦題は『かえってきたおとうさん


その他、News 記事:1本 347語



今月の合計 20点 185,860語
これまでの合計 5,376,819語 530万語通過



[今月の積読本消化]

The Secret of the Long-Lost Cousin: 3月に入手のKobo本

The Case of the Missing Family: 3月に購入のKobo本



************************************

RRA: Rookie Read-About (YL 1.0-2.0)

PGR5: Penguin Readers Level 5 (YL 5.0-6.0)  2300語レベル 総語数14000-46000語

PGR4: Penguin Readers Level 4 (YL 4.0-5.0)  1700語レベル 総語数12000-41000語

OFF1: Oxford Factfiles Stage 1 (YL 1.8-2.2)  400語レベル 総語数3000-3400語程度

OBW1: Oxford Bookworms Stage 1 (YL 2.0-2.2) 400語レベル 総語数4800-7300語

MMR5: Macmillan Readers Intermediate (YL 3.6-4.0) 1600語レベル 総語数8600-23000語 旧MGR4(Macmillan Guided Readers Intermediate)

ICR1: I Can Read Books Level 1 (YL 0.4-1.6)




Copyright(C)since2005 白い猪亭


スポンサーサイト

Kindleで読める多読用書籍 -LR・GR・その他-(日本Amazon)

<Kindle で読める多読用書籍(随時更新): 日本 Amazon

>>米国 Amazon  での購入リストはこちら



☆リンク先のKindle本のページから、紙の本へのリンクもあります



◇GR (Graded Readers)



Kindle Store で GR は CER (Cambridge English Readers)しかなかったが、2013年になってから? OBW (Oxford Bookworms) と、MMR (Macmillan Readers) も購入できるようになった。



CER (Cambridge English Readers)Cambridge English Readers で検索すると70冊ほど引っかかってくる。なかには紙の書籍が絶版のものもある。レベル別の検索も可能。紙の書籍よりも安い。



Level 1 (YL 1.4-1.6) 400語レベル 3,400-4,800語

Level 2 (YL 2.6-2.8) 800語レベル 8,200-10,000語

Level 3 (YL 3.6-3.8) 1300語レベル 13,000-16,000語

Level 4 (YL 4.5-5.0) 1900語レベル 17,000-20,000語

Level 5 (YL 5.5-6.0) 2800語レベル 19,000-26,000語

Level 6 (YL 6.0-6.5) 3800語レベル 26,000-34,000語



OBW (Oxford Bookworms)Oxford Bookworms で検索すると90冊ほどひっかかってくる。Headwords を指定することでレベル別の検索も可能。紙の書籍よりも安い。



Stage 1 (YL 2.0-2.2) 400語レベル 総語数4,800-7,300語

Stage 2 (YL 2.6-2.8) 700語レベル 総語数5,400-8,500語

Stage 3 (YL 3.2-3.4)  1000語レベル 総語数7,800-11,000語程度

Stage 4 (YL 3.8-4.0)  1400語レベル 総語数14,000-22,000語

Stage 5 (YL 4.5-5.0) 1800語レベル 総語数18,000-24,000語

Stage 6 (YL 5.5-6.0) 2500語レベル 総語数21,000-31,000語



MMR (Macmillan Readers) : Macmillan Readers で検索すると80冊以上ひっかかってくる。Starter、Beginner、Elementary 等を指定するとある程度絞れるが、レベルが書かれていない本もあり、完全なレベル別検索はできない。現時点(2013年4月)では、Level 4 (Pre-intermediate) を指定しても1冊も引っかからない Level 4 (Pre-intermediate) を指定しても数冊しか引っかからないが、実際は Level 4の Kindle版ももっとある。なお、MMR の Kindle本のページから紙の本へのリンクはなく、紙の本からKindle本へのリンクもないのが残念。



Level 1 (Starter) (YL 0.8) 300語レベル 500-900語

Level 2 (Beginner) (YL 1.2-2.2) 600語レベル 2,000-12,000語

Level 3 (Elementary) (YL 2.8-3.2) 1100語レベル 10,000語程度

Level 4 (Pre-intermediate) (YL 3.4-3.6) 1400語レベル 8,000-20,000語

Level 5 (Intermediate) (YL 3.6-4.0) 1600語レベル 8,600-23,000語

Level 6 (Upper) (YL 4.5-5.0) 2200語レベル 15,000-25,000語



◇LR (Leveled Readers)



現在、SIR (Step into Reading) と、ICR (I Can Read) が読める。Ready-to-Read も一部読めるようになった。紙の書籍よりも安い。



SIR (Step into Reading)Step into Reading で検索すると、50冊ほど引っかかる(リンク先ではもっと引っかかっているが、後ろの方は別の本である)。
実際はそれ以外にもあるようだが、探しにくい。実際に本のタイトルで検索するしかないかもしれない。レベル別の検索はできない。



ICR (I Can Read)I Can Read で検索すると、200冊以上引っかかる(リンク先ではもっと引っかかっているが、後ろの方は別の本である)。一部を除き、レベル別の検索はできない。



Ready-to-ReadReady-to-Read で検索すると30冊程引っかかる(リンク先ではもっと引っかかっているが、後ろの方は別の本で、前の方でも別の本が引っかかっている)。基本的にレベル別の検索はできない。



[ YL1 YL2 YL3 YL4 YL5 YL6 YL7 YL8]
YLはSSS英語多読研究会が日本人英語学習者にとっての読みやすさを0.0から9.9までの数値にした「読みやすさレベル」



*YL1*



Frog and Toad シリーズ (Arnold Lobel) ICR2 1700~2300語 YL 1.2~1-6 
 Frog and Toad are Friends は "Caldecott Honor"、Frog and Toad Together は "Newbery Honor" がまくんとかえるくん(アーノルド・ローベル) お勧め♪



Nate the Great シリーズ 1~7巻(8巻以降はYL2) (Marjorie Weinman Sharmat) 1500~1900語 めいたんていネート お勧め♪



Learning To Get Along シリーズ (Cheri J. Meiners M.Ed.) 250~350語 YL0.8前後



Curious George シリーズ (H. A. Rey) YL0.5~YL2.5 ひとまねこざる / おさるのジョージ



Mr. Putter & Tabby シリーズ (Cynthia Rylant) 550~900語 人気♪



Henry and Mudge シリーズ (Cynthia Rylant) Ready-to-Read YL0.7~1.2 600語程度 お勧め♪



The Bunny who Found Easter
(Allen Say) 1,099語



Harry the Dirty Dog (Gene Zion) 465語 どろんこハリー *お勧めですが、e-ink の Kindle では読めません 対象は "Kindle Fire, Kindle Fire HD, Kindle for iPad, Kindle for Android"



*YL2*



Nate the Great シリーズ 8巻以降(1~7巻はYL1) (Marjorie Weinman Sharmat) 1900~2700語 (Nate The Great Talks Turkey は4527語で長い) めいたんていネート お勧め♪



Flat Stanley シリーズ (Jeff Brown) 4,000語~7,000語 ぺちゃんこスタンレー



Cam Jansen シリーズ (David Adler) 4,800~5,800語 名たんていカメラちゃん



Olivia Sharp シリーズ (Marjorie Weinman Sharmat) 2,700語程度 "Nate the Great" シリーズの Nate の従姉妹の Olivia が主人公 "Nate the Great" シリーズのKindle版も出た!



Adam Sharp シリーズ (George Edward Stanley) 2,800~3,200語



Franny K. Stein シリーズ (Jim Benton) 3600~4700語 キョーレツ科学者・フラニー



Zack Files シリーズ (Dan Greenburg) 5,000~7,000語 ザックのふしぎたいけんノート



Marvin Redpost シリーズ (Louis Sachar) 4,600~8,000語 (ルイス・サッカー) 人気♪



Rainbow Magic シリーズ (Daisy Meadows) 4,000~4,500語 レインボーマジック 人気♪



(Who Was...?) シリーズ <伝記> 7,000~11,000語



The Monster Story-Teller
(Jacqueline Wilson) 2,082語 (ジャクリーン・ウィルソン)



How to Be Cool in the Third Grade (Betsy Duffey) 7,823語



*YL3*



Magic Tree House シリーズ (Mary Pope Osborne) 4,700~6,200語 マジック・ツリーハウス 人気♪



Magic Tree House Fact Tracker(旧 Magic Tree House Research Guide) ノンフィクション 4,000~5,000語



A to Z Mysteries シリーズ (Ron Roy) 6,500~9,000語 ぼくらのミステリータウン 人気♪ Super Editionは語数が多い(10,000~11,000語)



Capital Mysteries シリーズ (Ron Roy) 6,500~8,500語



Calendar Mysteries シリーズ (Ron Roy) 6,500~7,800語 A to Z Mysteries シリーズの3人の弟妹4人が主人公



Boxcar Children シリーズ (Gertrude Chandler Warner) 13,000~23,000語 ボックスカーのきょうだい / ボックスカー・チルドレン 人気♪



Junie B. Jones シリーズ (Barbara Park) 5,500~11,000語



Judy Moody シリーズ (Megan McDonald) 9,200~11,700語 ジュディ・モードとなかまたち



Horrible Harry シリーズ (Suzy Kline) 3,500~5,500語



Ready, Freddy シリーズ (Abby Klein) 6,000語程度



Nancy Drew Notebooks シリーズ (Carolyn Keene) 10,000語程度 8歳の Nancy Drew が主人公の現代版 1994年から開始



Nancy Drew and the Clue Crew シリーズ (Carolyn Keene and Macky Pamintuan) 9,200~10,500語 8歳の Nancy Drew が主人公の現代版、"Nancy Drew Notebooks" の後続 2006年から開始



The Worst Witch シリーズ (Jill Murphy) 8,000~18,000語 ミルドレッドの魔女学校



Andrew Lost シリーズ (J.C. Greenburg) 5,600~8,700語



My Weird School シリーズ (Dan Gutman) 6,400~7,800語 きょうもトンデモ小学校



Horrid Henry シリーズ (Francesca Simon) 5,000~7,000語



Roscoe Riley Rules シリーズ (Katherine Applegate) 6,000語程度



Time Warp Trio シリーズ (Jon Scieszka) 10,000~11,000語 タイムワープ三人組



The Buddy Files シリーズ (Dori Hillestad Butler) 11,000語程度



Mr Majeika シリーズ (Humphrey Carpenter) 7,300~10,000語 マジック先生



Three Tales of My Father's Dragon (Ruth Stiles Gannett)

My Father's Dragon(7,385語)、Elmer and the Dragon(6,352語)、The Dragons of Blueland(7,549語) の3部作の合本
 >>1作目の My Father's Dragon は Project Gutenberg からダウンロードできる(無料) "Newbery Medal" 「エルマーの冒険」シリーズ お勧め♪



The Magic Finger
(Roald Dahl) 3,594語 魔法のゆび(ダール)



The Giraffe and the Pelly and Me
(Roald Dahl) 6,823語 こちらゆかいな窓ふき会社(ダール)



Fantastic Mr. Fox (Roald Dahl) 9,145語 父さんギツネばんざい / すばらしき父さん狐 / ファンタスティック Mr. Fox(ダール)



The Twits (Roald Dahl) 8,107語 いじわる夫婦が 消えちゃった! / アッホ夫婦(ダール)



Lizzie Zipmouth
(Jacqueline Wilson) 7,000語(概算) リジーとひみつのティーパーティー(ジャクリーン・ウィルソン)



Sleepovers
(Jacqueline Wilson) 14,000語(概算) アルファベットガールズ(ジャクリーン・ウィルソン)



The Mum-Minder (Jacqueline Wilson) 9,100語(概算) (ジャクリーン・ウィルソン)



The Cat Mummy
(Jacqueline Wilson) 9,000語(概算) わたしのねこメイベル(ジャクリーン・ウィルソン)



Take a Good Look
(Jacqueline Wilson) 10,000語(概算)(ジャクリーン・ウィルソン)



Frindle (Andrew Clements) 15,596語 合言葉はフリンドル!



Pleasing the Ghost
(Sharon Creech) 11,700語 (シャロン・クリーチ)



The Diary of a Killer Cat
(Anne Fine) 3,654語 キラーキャットのホラーな一週間



Stone Fox
(John Reynolds Gardiner) 8,850語 犬ぞりの少年



The Kids of the Polk Street School シリーズ (Patricia Reilly Giff) 5,800~8,600語 ポークストリート小学校のなかまたち



Dragon Slayers' Academy シリーズ (Kate McMullan) 10,000~20,000語 ドラゴン・スレイヤー・アカデミー



The Hundred-Mile-an-Hour Dog シリーズ (Jeremy Strong) 12,500語程度 すっとび犬



Indie Kidd シリーズ (Karen McCombie) 14,000語程度



Orca Currents シリーズ 13,000~15,000語 内容の割に易しい英語で書かれている "Hi-Lo Books" (high-interest/low-level books) 一話完結 40冊以上ある



Orca Soundings シリーズ 10,000~20,000語(15,000語前後が多い) 内容の割に易しい英語で書かれている "Hi-Lo Books" (high-interest/low-level books) 一話完結 青少年が直面するシリアスな問題がテーマ 70冊近くある



*YL4*



Encyclopedia Brown シリーズ (Donald J. Sobol) 8,200~10,500語 少年たんていブラウン



Nancy Drew (All New) Girl Detective シリーズ (Carolyn Keene) 30,000語程度 18歳の Nancy Drew が主人公の現代版 2004年から開始



Anastasia シリーズ(Lois Lowry) 21,000~32,000語 わたしの秘密ノート



The Baby-Sitters Club シリーズ (Ann M. Martin) 20,000~35,000語



Animorphs シリーズ (K. A. Applegate) 18,000~34,000語 SF 人気♪



Goosebumps シリーズ (R.L. Stine) 19,000~22,000語 グースバンプス ホラー(児童書)



Wayside School シリーズ (Louis Sachar) 19,800~27,600語  ウェイサイド・スクール(ルイス・サッカー)



Tales of a Fourth Grade Nothing (Fudge シリーズ #1) (Judy Blume) 23,394語



Superfudge (Fudge シリーズ #2) (Judy Blume) 30,956語 赤ちゃん、いりませんか?



Otherwise Known as Sheila the Great
(Fudge シリーズ #3) (Judy Blume) 26,519語



Fudge-a-Mania (Fudge シリーズ #4) (Judy Blume) 25,232語



Double Fudge (Fudge シリーズ #5) (Judy Blume) 38,620語



Someday Angeline
(Louis Sachar) 27,555語 (ルイス・サッカー)



Dogs Don't Tell Jokes
(Louis Sachar) 32,407語 Someday Angeline の続編 (ルイス・サッカー)



There's A Boy in the Girl's Bathroom (Louis Sachar) 35,483語 トイレまちがえちゃった!(ルイス・サッカー)



The Boy Who Lost His Face
(Louis Sachar) 39,273語 顔をなくした少年 (ルイス・サッカー)



George's Marvellous Medicine
(Roald Dahl) 11,610語 ぼくのつくった魔法のくすり(ダール)



The Tiger Rising (Kate Dicamillo) 19,245語 虎よ、立ちあがれ(ケイト・ディカミロ) お勧め♪



The Miraculous Journey of Edward Tulane (Kate Dicamillo) 16,983語 愛をみつけたうさぎ エドワード・テュレインの奇跡の旅(ケイト・ディカミロ)



Because of Winn-Dixie (Kate Dicamillo) "Newbery Honor" 22,331語 きいてほしいの、あたしのこと ―― ウィン・ディキシーのいた夏(ケイト・ディカミロ) お勧め♪



The Tale of Despereaux (Kate Dicamillo) "Newbery Medal" 31,975語 ねずみの騎士デスペローの物語(ケイト・ディカミロ) お勧め♪



Cliffhanger (Jacqueline Wilson) 10,000語
(概算) (ジャクリーン・ウィルソン)



Geronimo Stilton シリーズ (Geronimo Stilton) 9,000~10,000語 冒険作家ジェロニモ・スティルトン / 編集長ジェロニモ



Dear Mr. Henshaw
(Beverly Cleary) "Newbery Medal" 17,812語 ヘンショーさんへの手紙



Strider (Beverly Cleary) 21,202語 リー・ボッツの日記―走れ、ストライダー Dear Mr. Henshaw の続編



Ramona Quimby シリーズ (Beverly Cleary) 20,000~26,000語 ラモーナ・シリーズ



Coraline (Neil Gaiman) 30,653語 コララインとボタンの魔女(ニール・ゲイマン)



Odd and the Frost Giants(ニール・ゲイマン)



The Penderwicks シリーズ (Jeanne Birdsall) 54,724~65,071語



When You Reach Me
(Rebecca Stead) ”Newbery Medal” 39,274語 きみに出会うとき



The Naughtiest Girl シリーズ (Enid Blyton) 37,000~42,000語 おてんばエリザベス



Baby (Patricia MacLachlan) 17,441語 潮風のおくりもの



Diamond Brothers Mystery シリーズ (Anthony Horowitz) 45,000語程度 ダイヤモンドブラザーズ



Shadow Children シリーズ (Margaret Peterson Haddix) 32,000~49,000語



Running Out of Time
(Margaret Peterson Haddix) 43,933語



The Curious Incident of the Dog in the Night-Time (Mark Haddon) "Guardian Award" 60,877語 夜中に犬に起こった奇妙な事件



Island of the Blue Dolphins (Scott O'Dell) "Newbery Medal" 40,366語 青いイルカの島



The Summer of the Swans
(Betsy Byars) "Newbery Medal" 24,618語 白鳥の夏



Bluford High シリーズ (Paul Langan 編) 22,000~36,000語 内容の割に易しい英語で書かれている "Hi-Lo Books" (high-interest/low-level books) 高校生が主人公 シリアスな問題がテーマ



Edenville Owls (Robert B. Parker) 32,429語 われらがアウルズ ロバート・B・パーカー(スペンサー・シリーズで有名)の、はじめてのYA(ヤングアダルト)本



Chasing the Bear: A Young Spenser Novel (Robert B. Parker) 23,004語 ヤング・スペンサー(ロバート・B・パーカー)



Hardy Boys, Undercover Brothers シリーズ (Franklin W. Dixon) 30,000語程度 Hardy Boys の現代版



Iqbal (Francesco D'Adamo) 25,519語 イクバルの闘い



*YL5*



Nancy Drew Mystery シリーズ (Carolyn Keene) 28,000~36,000語 ナンシー・ドル―



Nancy Drew on Campus シリーズ (Carolyn Keene) 大学生の Nancy Drew が主人公の現代版 1995年から開始



Hardy Boys シリーズ (Franklin W. Dixon) 32,000~35,000語



A Series of Unfortunate Events シリーズ (Lemony Snicket) 24,000~32,000語 世にも不幸なできごと



Matilda (Roald Dahl) 39,785語 マチルダはちいさな大天才 / マチルダ(ダール)



James and the Giant Peach
(Roald Dahl) 27,552語 おばけ桃の冒険 / おばけ桃の冒険 / ジャイアント・ピーチ(ダール)



Charlie and the Chocolate Factory
(Roald Dahl) 29,743語 チョコレート工場の秘密 / チャーリーとチョコレート工場(ダール)



Charlie and the Great Glass Elevator (Roald Dahl) 30,753語 ガラスのエレベーター 宇宙にとびだす / ガラスの大エレベーター(ダール)



The BFG (Roald Dahl) 36,928語 オ・ヤサシ巨人 BFG(ダール)



The Magician's Elephant
(Kate Dicamillo) 22,337語 ピーターと象と魔術師(ケイト・ディカミロ)



The Illustrated Mum
(Jacqueline Wilson) "Guardian Award" 61,863語 タトゥーママ(ジャクリーン・ウィルソン)



Double Act (Jacqueline Wilson) 25,557語 ふたごのルビーとガーネット(ジャクリーン・ウィルソン)



The Lottie Project
(Jacqueline Wilson) 45,716語 (ジャクリーン・ウィルソン)



The Story of Tracy Beaker
(Jacqueline Wilson) 23,812語 おとぎばなしはだいきらい(ジャクリーン・ウィルソン)



The Suitcase Kid (Jacqueline Wilson) 25,724語 バイバイわたしのおうち(ジャクリーン・ウィルソン)



Dustbin Baby (Jacqueline Wilson) 38,000語(概算) ダストビン・ベイビー(ジャクリーン・ウィルソン)



Girls シリーズ (Jacqueline Wilson) 31,657~44,752語 "Girls in Love(ガールズ イン ラブ)" "Girls Under Pressure(ガールズ アンダー プレッシャー)" "Girls Out Late(ガールズ アウト レイト ―― もう帰らなきゃ)" "Girls in Tears(ガールズ イン ティアズ―― 涙がとまらない)" (ジャクリーン・ウィルソン)



Janie Johnson 5部作 (Caroline B. Cooney) 40,000~45,000語 "The Face on the Milk Carton" "Whatever Happened to Janie?" "The Voice on the Radio" "What Janie Found" "Janie Face to Face"



Walk Two Moons (Sharon Creech) "Newbery Medal" 50,279語 めぐりめぐる月(シャロン・クリーチ)



Ruby Holler
(Sharon Creech) "Carnegie Medal" 44,819語 ルビーの谷(シャロン・クリーチ)



A Year Down Yonder
(Richard Peck) "Newbery Medal" 29,415語 シカゴより好きな町 前編の A Long Way from Chicago は Kindle になし



The View from Saturday (E. L. Konigsburg) "Newbery Medal" 42,026語 ティーパーティの謎(カニグズバーグ)



Journey to an 800 Number
(E. L. Konigsburg) 31,717語 800番への旅(カニグズバーグ)



Kira-Kira
(Cynthia Kadohata) "Newbery Medal" 44,201語 きらきら



The Scarecrow and His Servant (Philip Pullman) 37,603語 かかしと召し使い



The Saga of Darren Shan シリーズ (Darren Shan) 35,000~49,000語 ダレン・シャン



The Demonata シリーズ (Darren Shan) 50,000~65,000語 デモナータ



Percy Jackson and the Olympians シリーズ (Rick Riordan) 76,000~95,000語 パーシー・ジャクソン



Sammy Keyes シリーズ (Wendelin Van Draanen) 40,000~66,000語 少女探偵サミー・キーズ



Fear Street シリーズ (R.L. Stine) 22,000~36,000語



Alex Rider シリーズ (Anthony Horowitz) 47,000~94,000語 女王陛下の少年スパイ! アレックス / アレックス・ライダー 人気♪



Guardians of Ga'Hoole シリーズ (Kathryn Lasky) 34,000~45,000語 ガフールの勇者たち



George's Secret Key to the Universe (Lisa & Stephen Hawking) 50,101語 宇宙への秘密の鍵 (ホーキング博士のスペース・アドベンチャー 1)



George's Cosmic Treasure Hunt
(Lisa & Stephen Hawking) 52,703語 宇宙に秘められた謎 (ホーキング博士のスペース・アドベンチャー 2)



Mysteries in Our National Parks シリーズ (Alane Ferguson and Gloria Skurzynski) 32,000語程度



Samurai Girl シリーズ (Carrie Asai) 52,000語程度 サムライガール



The Earthquake Bird (Susanna Jones) 51,000語(概算) アースクエイク・バード 東京が舞台のミステリ



Winnie-the-Pooh
(A. A. Milne) 21,469語 クマのプーさん



The House at Pooh Corner
(A. A. Milne) 25,318語 プー横丁に建った家



Three Cups of Tea (Young Readers Edition) (Greg Mortenson & David Oliver Relin, Adapted by Sarah Thomson ) 40,838語 スリー・カップス・オブ・ティー / ここに学校をつくろう! ノンフィクション



*YL6*



Holes(Louis Sachar) "Newbery Medal" 46,938語 穴(Holes)(ルイス・サッカー) 人気♪



The Graveyard Book (Neil Gaiman) "Newbery Medal" "Carnegie Medal" 67,408語 墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活(ニール・ゲイマン)



Stardust (Neil Gaiman) 59,002語 スターダスト(ニール・ゲイマン)



Neverwhere (Neil Gaiman) 98,222語 ネバーウェア(ニール・ゲイマン)



The Giver (The Giver 4部作 #1) (Lois Lowry) "Newbery Medal" 43,139語 ギヴァー 記憶を注ぐ者



Gathering Blue (The Giver 4部作 #2) (Lois Lowry) 48,032語 ギャザリング・ブルー 青を蒐める者



Messenger (The Giver 4部作 #3) (Lois Lowry) 36,627語



Son (The Giver 4部作 #4) (Lois Lowry) 76,217語



The Great Blue Yonder (Alex Shearer) 49,715語 青空のむこう



A Proud Taste for Scarlet and Miniver (E. L. Konigsburg) 32,929語 誇り高き王妃(カニグズバーグ)



From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler (E. L. Konigsburg) "Newbery Medal" 30,660語 クローディアの秘密(カニグズバーグ)



The Westing Game
(Ellen Raskin) "Newbery Medal" 49,414語 アンクル・サムの遺産



Swallows And Amazons
(Arthur Ransom) 101,100語 ツバメ号とアマゾン号



The Lion, the Witch and the Wardrobe
(C. S. Lewis) 36,135語 ライオンと魔女(ナルニア国物語) この他のナルニア物語はレベル7



Keys to the Kingdom シリーズ (Garth Nix) 56,000~79,000語 王国の鍵



The Princess Diaries シリーズ プリンセス・ダイアリー



The Roman Mysteries シリーズ (Caroline Lawrence) 40,000語程度 第1巻"The Thieves of Ostia"は『オスティア物語―古代ローマの謎ときアドベンチャー』



The No.1 Ladies' Detective Agency シリーズ (Alexander McCall Smith) 56,000~62,000語 No.1レディーズ探偵社



The Wonderful Story of Henry Sugar and Six More (Roald Dahl) 63,015語 奇才ヘンリー・シュガーの物語(ダール)



The Hunger Games
(Suzanne Collins) 99,584語 ハンガー・ゲーム 3部作の1作目



Catching Fire (Suzanne Collins) 101,609語 ハンガー・ゲーム2 燃え広がる炎



Mockingjay (Suzanne Collins) 99,855語 ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女



The Book Thief (Markus Zusak) 116,389語 本泥棒



Tuesdays with Morrie (Mitch Albom) 35,144語 モリー先生との火曜日



Not A Penny More, Not a Penny Less (Jeffrey Archer) 73,117語 百万ドルをとり返せ!(アーチャー)



Shall We Tell The President? (Jeffrey Archer) 74,170語 大統領に知らせますか(アーチャー)



The King of Torts (John Grisham) 108,280語 甘い薬害(アカデミー出版の超訳)(グリシャム)



Bleachers (John Grisham) 40,489語 (グリシャム)



If Tomorrow Comes
(Sidney Sheldon) 122,402語 明日があるなら(シェルダン)



The Sky is Falling
(Sidney Sheldon) 70,808語 空が落ちる(シェルダン)



Are You Afraid of the Dark?
(Sidney Sheldon) 88,830語 異常気象売ります(シェルダン)



最終更新日:2013.11.15





Copyright(C)since2005 白い猪亭


新たな発掘調査の計画あり

【The Greyfriars Project】



レスター大の研究者による新たな発掘調査が計画されているようだ。



昨年8月にレスターの修道院(グレイフライアーズ)跡で、リチャード三世の遺骨が見つかった。修道院内の教会(Grey Friars church)の聖歌隊席(choir)と思われる部分である。教会の東側、聖歌隊席の南西の角に埋葬されたと考えられている。

なお、ここは近年、レスター市のソーシャルサービスの駐車場(職員駐車場?)となっていた。



This Is Leicestershire の下記の記事によると、今夏、教会の東端部を発掘する予定とのこと。プロジェクトにかかる費用は約30,000ポンド。この費用をどこから得るのかは明らかにされていない。



【Link】Richard III: Team plan new dig at Leicester car park (This Is Leicestershire, 2013.4.1)



ちょっと気になるのは、この件について書かれているのが This Is Leicestershire の記事だけということ。他のニュースサイトでは見つからない。レスター大のスポークスマンが語ったとのことだが、レスター大のサイトでは該当するコメントは見つけられなかった。Leicester City Council のサイトでも見つからない。
……4月1日の記事だけど、エイプリルフールのネタじゃないよねー。それにしては微妙すぎる。たぶん詳細未定だから公式コメントをWebに載せていないんだ、と思っておく。




Copyright(C)since2005 白い猪亭


リチャード3世即位後の署名入り文書

前回はリチャード三世のグロースター公時代の署名入り文書について書いたが、今回は、昨年(2012年)オークションにかけられた別の文書について。



Christie's で、リチャード三世の即位後の署名入り文書がオークションにかけられ、2012年6月13日に109,250ポンド (168,901ドル) で落札された。当初の予想価格は10,000ポンド~15,000ポンド (16,000ドル~23,000ドル)であり、7倍以上の価格となった。
リチャードの国王としての署名入り文書がオークションに出されたのは、少なくともこの40年間でこれが初めてとのことだ。



【Link】Sale 5334, Lot 23 RICHARD III (1452-1485), king of England. Letter signed (with his monogram, 'R.R.'): Christie's のサイト(画像と解説あり)




この文書の署名には"R.R."というモノグラムが用いられている。"Ricardus Rex (King Richard)" の略である。"Westminster, 22 February" との記載があり、1484年か1485年の2月22日にウェストミンスターで書かれたと考えられる。
文書のサイズは212×293mm。羊皮紙に書かれており、裏面に封印の残りがある。



こちらの文書も土地争いに関するもので、問題になっているのはウォーリックシャー (Warwickshire) のブルックハンプトン荘園 (the Manoire of Brokhampton) である。現在の綴りでは the manor of Brookhampton となる。場所は Combrook, Warwickshire のようだ。



どうやら、荘園の所有者である Robert Dalby が、Robert Worsley of Chepyngton により荘園を占拠され、その際に怪我をさせられた、という訴えがあったらしい。文書はウォーリックシャーの治安判事宛てで、リチャードは状況を知らせ、訴えの通りならば Dalby が荘園を平穏に所有できるよう要請している。




Christie's の解説によると、John Peyto-Verney, 16th Baron Willoughby de Broke(日本語ではウィロビー・ド・ブルック男爵で良いのだろうか?)が1795年にブルックハンプトン荘園を購入した際に受け継いだと思われるとのこと。しかし、これは14代男爵の John Peyto-Verney (1738-1816) ではないだろうか。なお、15代男爵 John Peyto-Verney (1762-1820) と、16代男爵 Henry Peyto-Verney (1773-1852) は、彼の息子である。

文書の左上には、1822年11月11日に、16代男爵 Henry Peyto-Verney が William Hamper に文書を贈った旨書かれている。

その後、1960年5月16日に John F. Reed が Godspeed's Book Shop Inc. で850ドルで購入した。ボストンの Goodspeed's Book Shop(1993年に閉店した有名な古書店)のことらしい。そして、昨年、オークションにかけられ落札された。



【Link】Parishes - Kineton with Combrook | A History of the County of Warwick (British History Online):ブルックハンプトン荘園に関する記述あり




Copyright(C)since2005 白い猪亭


リチャード3世の署名入り文書、オークションに

リチャード三世の埋葬場所に関して(またもや)抗議が起こっているとか、レスター大の研究者達が遺骨の見つかった駐車場(修道院跡)をもっと発掘しようと計画しているとか、他にもニュースはあるのだが、とりあえず先にこの記事をUPしなければ。



現在、リチャード三世の署名入り文書がオークションにかけられている。終了は本日(2013年4月2日)の Pacific Standard Time 午後5時。



この文書は ''R. Gloucestre'' と署名されており、リチャードがグロースター公時代のものである。米のオークションハウス Nate D. Sanders によると、文書の中でリチャードが ''Great Chamberlain (イングランド式部長官)'' ではなく、''Constable and Admyral of England (イングランド武官長および海軍司令長官)'' と称されていることから、1473年~1477年頃のものと考えられている。

*リチャードは、1471年5月に終身のイングランド式部長官(Great Chamberlain of England)に任命されたが、翌年5月にこの勅許は取り消され(代わりに兄のクラレンス公ジョージが任命された)、1478年2月に再び終身のイングランド式部長官に任ぜられた。



更に、"Pontefract, 22 April" との記載があり、1474年および1475年の4月22日にはリチャードはポンテフラクト (Pontefract) にはいなかったと考えられることから、1473年、1476年、1477年のいずれかと推測されている。




この文書には、リチャードの秘書官ジョン・ケンダル (John Kendal) が副署している。

Nate D. Sanders によると、文書の内容は、2代ウェストモーランド伯レイフ・ネヴィル(Ralph Neville, 2nd Earl of Westmorland, 1408–1484)と借地人達の土地争いに関するもので、Sir Robert Claxton, William Claxton, Richard Bainbridge 'and other of the Counsell of our right entierly beloved Cousyn Therl of Wesm[or]land' 宛てとのこと。



解説を読むと、ウェストモーランド伯と借地人達の争いというより、(ウェストモーランド伯の所領の)2グループの借地人の間の争いのようだ。一方は、William Trotter, 'ferrour' (perhaps 'smith'), Hugh Ile and others、もう一方は、 William Hunter and Robert Comyn。そして、リチャードは、ウェストモーランド伯の評議員達に宛てて、請願者達を審査し、彼らの判断で論争を解決するよう依頼している。



名前の挙げられている評議員のうち William Claxton は、ウェストモーランド伯所有のブランセペス城の城代で、問題となった土地はブランセペス (Brancepeth) の可能性がある。



文書のサイズは18×30cm程度。羊皮紙ではなく紙に書かれ、印章指輪により封蝋を施されている。リチャードのこのような署名入り文書は、1ダースも残っていないだろうとのこと。この30年間にオークションに出品されたリチャード三世の署名入り文書は、これを含めて3点のみだそうだ。
7万5000ドル(約700万円)~12万5000ドル(約1170万円)の値がつくと予想されている。

終了30時間前の時点では、ビッド(入札)は8件で、20,375ドルとなっている。



【追記 (2013.4.4)】入札は13件で、52,417ドルで落札された。予想値より大分低い価格となった。とは言っても、昨年11月の Christie's での落札価格(下記)よりは高くなっている。約5割増し。
……追記ここまで……




オークションの状況は、Nate D. Sanders のサイトで見ることができる(写真あり)↓

【Link】Lot #254: Incredibly Scarce Richard III Document Signed, Circa 1473 as Lord President of the Council of the North



なお、オークション・ハウス Christie's のサイトに同一の文書が掲載されている。

【Link】Sale 5960, Lot 47 RICHARD III (1452-1485), King of England. Signet letter close with signature as Duke of Gloucester ('R. Gloucestre')



最初は、Christie's でもビッドを受け付けているのか??と思ったのだが、なんか変
どうやら、2012年11月21日にロンドンで落札されたらしい。落札金額は21,250ポンド (33,766ドル)。どう見ても、現在 Nate D. Sanders に出されているものと同じに見える。えーと、つまり、去年の11月に落札された文書が、また売りに出されたということですか?4か月で?うーむ。



あちこち彷徨っていたら、Christie's のサイトで、昨年オークションにかけられた別の署名入り文書を見つけた。そちらは、国王になってからのもの。2012年6月13日に、109,250ポンド ($168,901) で落札とのこと。



【Link】Sale 5334, Lot 23 RICHARD III (1452-1485), king of England. Letter signed (with his monogram, 'R.R.')



【追記 (2013.4.4)】こちらの文書については別記事(リチャード3世即位後の署名入り文書)に記載。……追記ここまで……



[Link]:リチャード3世の署名入り文書、米国で競売へ (AFPBB News, 2013.3.28)





[Link]



Rare British royal's signature up for auction in US (AFP, 2013.3.28)

King Richard III's signature under the hammer (ITV News, 2013.3.29)

Richard III: 500-year-old letter signed by King valued at £82,500 (This is Leicestershire, 2013.3.29) :最近オークションで落札されたリチャード三世のコインについての記述もある

Richard III Document Signed Circa 1473 To Be Auctioned (Huffington Post, 2013.3.27) :こちらも、オークションで落札されたリチャード三世のコインについての記述あり

Richard III letter fetches £35,000 at auction (BBC Leicester, 2013.4.3)

Rare Richard III letter fetches £35,000 at auction (The Telegraph, 2013.4.3) :オークションで落札されたリチャード三世のコインについての記述あり



最終更新日:2013.4.4



Copyright(C)since2005 白い猪亭


白い猪亭

秋津羽

Author:秋津羽

カテゴリ
メニュー
最新記事
バックナンバー

2015年 11月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【5件】
2013年 01月 【1件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【4件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【1件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【9件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【7件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【1件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【5件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【3件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【2件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【9件】
2007年 03月 【3件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【7件】
2006年 09月 【27件】
2006年 08月 【5件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【7件】
2006年 03月 【8件】
2006年 02月 【10件】
2006年 01月 【7件】
2005年 12月 【11件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【7件】
2005年 09月 【19件】

検索フォーム
最近のコメント
Bookmark
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。